「君の名は。」新海監督の不倫報道で憶測 石田衣良「恋愛しない人」分析に反発!?

印刷

   邦画の興行収入歴代2位の249億円を叩き出したアニメ映画「君の名は。」の新海誠監督(44)が「不倫交際している」とスポーツ紙が報じ、新海監督はそれを自身のツイッターで否定した。

   不倫報道が出るとバッシングが始まるのが定石だが、新海監督の場合は全く違っていて「童貞捨てたのか?」「童貞だから不倫はムリ」などといった感想や、俳優の神木隆之介さん(24)、作家の石田衣良さん(57)の名前が取り沙汰された。どうしてなのか。

  • ツイッターで報道を否定した(写真は新海監督のツイッターより)
    ツイッターで報道を否定した(写真は新海監督のツイッターより)
  • 邦画の興行収入第2位になった「君の名は。」(C)2016「君の名は。」製作委員会
    邦画の興行収入第2位になった「君の名は。」(C)2016「君の名は。」製作委員会

監督本人「交際の事実は一切ありません」

   日刊スポーツ(2017年6月13日付)は、新海監督が16年春に共通の友人を通じて知り合った30代前半の美人編集者と16年秋頃から不倫交際していることが分かった、と報じた。都内の飲食店や女性の自宅などでデートを重ね、業界関係者のパーティーにも同伴しているのだという。

   この報道にファンから驚きの声が挙がり、

「童貞だもんな。不倫とかこいつにはムリムリw」
「童貞を捨てた新海の次回作が俄然気になります!」
「遅れてきた青春なんだから生暖かい眼差しで見守ってあげて~」

   などといった声がツイッターや掲示板に出ることになった。「君の名は。」の記録的大ヒットが確実となった16年秋、新海監督の名前を検索した人たちが驚いたのは、検索予測ワードのトップが「童貞」、2番目に「気持ち悪い」が出て来たことだ。この「童貞」には色んな意味があり、新海監督の場合は少年の切ない恋が描かれる事が多く、評価として常に「童貞臭い」が出てきた。映画の大ヒットで新海監督の知名度が上がるにつれ、この「童貞」というワードは切り離せなくなっている。

   一方、ネット上では、記事が事実だとすれば、なぜこの時期に不倫が発覚したのか、そんな詮索も始まった。原因は石田衣良さんのインタビューなのではないか、と考えている人が結構いる。石田さんは「NEWSポストセブン」が17年1月4日に配信した記事で、新海監督について高校時代に楽しい恋愛をした経験が無い、と想像し、

「恋愛しない人の恋愛小説のパターンなんです」

   と作風を評価した。少女漫画的な世界と通底していて、付き合ったこともセックスの経験もないままカッコイイ男の子を書いている、のだそうだ。この記事に対し新海監督は1月5日、自身のツイッターで、

「なぜ面識もない方に僕の人生経験の有無や生の実感まで透視するような物言いをされなければならないのか...笑」

   と怒って見せた。そうした石田さんや世間の評価に意図的に抗って浮気したのだろう、というのだ。

   新海さんは不倫報道が出た13日の昼に、ツイッターで、

「僕の交際関係を報じる記事が出たとのこと。記事中にある食事等は事実ですが、交際の事実は一切ありません」

   と不倫を否定した。

「やっぱり新海監督は、神木くんですよね!!」

   新海さんはツイッターでさらに、誤解を招く行動をしたことを謝罪し、

「僕の仕事は良い映画を作ることですので、今は新作制作に全力で向きあっているところです」

   と新作への意気込みを語ると、新海監督のツイッターには、「もちろん知っていた」という励ましの言葉と共に、

「やっぱり新海監督は、神木くんですよね!!」
「神木くんがいるから 不倫なんてしないよね」
「今までのツイートを見てる方なら、神木君が一番だってわかってますから!」
「新海監督が関係をもつのは 神木くんだけだと信じています」

   などが大量に書き込まれることになった。

   「神木くん」というのは俳優の神木隆之介さんのことで、「君の名は。」の主演声優だ。神木さんはもともと新海監督のファン。新海監督もツイッターで、

「スペインまで電話報告してくれました笑。かわいいなあ......」(16年9月25日)

   などデレデレ。舞台挨拶で一緒になった時には「ラブラブ」だと評判になり、「付き合っている感が凄い」などと噂された。不倫報道といえばその先にはドロドロの現実が待っていることはよくあるが、ネット上のこうした生暖かい反応は、新海監督の人柄、風貌、イメージがなせる業だとも言える。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中