松山英樹、全米オープンゴルフで2位 日本人最高位にならぶ

印刷

   男子ゴルフの松山英樹選手(25)は2017年6月18日(米国時間)、メジャー第2戦、全米オープン選手権で通算12アンダーの2位タイと好結果を残した。1980年の同選手権の青木功氏に並ぶ、男子メジャーの日本勢最高順位だ。

   松山選手は、最終日を6アンダーで首位と6打差の14位からスタート。8バーディー、2ボギーで6打伸ばし猛追したが、首位のブルックス・ケプカ(米国)に4打及ばなかった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中