米イージス艦事故で不明7人の遺体確認 米海軍発表

印刷

   2017年6月17日に伊豆半島沖で発生したイージス駆逐艦「フィッツジェラルド」とフィリピン船籍のコンテナ船「ACX Crystal」の衝突事故で、行方不明だった乗組員7人の遺体が艦内から発見、確認された。米海軍が6月18日、公式サイトで発表した。

   フィッツジェラルドは、17日未明に発生した事故により、116人分の居住スペースのある右舷側と船底を大きく損傷し、艦長室にも被害があった。7人の遺体は浸水した右舷側の居住スペースで発見された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中