「ヒアリ」神戸にもいた ポートアイランドで確認

印刷

   環境省は2017年6月18日、特定外来生物「ヒアリ」が兵庫県神戸市にある人工島「ポートアイランド」のコンテナヤードで見つかったと発表した。同県尼崎市で5月26日、国内で初めて発見されたのに続いて2例目となる。

   尼崎市では、ヒアリが輸入コンテナの内部で見つかったため、このコンテナが一時的に留め置かれた神戸市と尼崎市の複数個所で調べたところ、6月16日にポートアイランドのコンテナヤードで採取されたアリがヒアリだと確認された。複数の報道によると、およそ100匹で、これまでに女王アリや卵は確認されていないという。

   ヒアリは攻撃性が強いうえ強い毒を持ち、刺された場合には体質によって「アナフィラキシー・ショック」を起こす可能性があるので、注意が必要だ。

  • ヒアリ(環境省のウェブサイトより)
    ヒアリ(環境省のウェブサイトより)
  • ヒアリの全身写真(環境省のウェブサイトより)
    ヒアリの全身写真(環境省のウェブサイトより)
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中