ツバメの巣で「改札機閉鎖」  JR鎌倉駅の対応に称賛相次ぐ

印刷

   神奈川県鎌倉市内のJR横須賀線・鎌倉駅の東口改札で、ツバメの巣があるとして、改札機が一時的に閉鎖されており、ツイッター上でこの珍事が反響を呼んでいる。

   改札機1台に白い布のようなものが被せられて乗客が通れないようになっており、その上に貼り紙がしてある。

  • 閉鎖されたJR鎌倉駅の改札機(写真はコペハ鳥@Cphg_mbさん提供)
    閉鎖されたJR鎌倉駅の改札機(写真はコペハ鳥@Cphg_mbさん提供)
  • 改札付近で見られたツバメの親鳥(写真はコペハ鳥@Cphg_mbさん提供)
    改札付近で見られたツバメの親鳥(写真はコペハ鳥@Cphg_mbさん提供)

「やさしく見守ってください」

   貼り紙には、折り紙をイメージしたとみられる黒いツバメ2羽が描かれ、「つばめ子育て中」と赤字で書かれている。「やさしく見守ってください」とも訴えている。

   ツイッター上では、閉鎖された改札機などの写真が2017年6月18日から次々に投稿され、大きな反響を呼んでいる。

   その様子をツイートした鎌倉市在住の鉄道ファン男性の「コペハ鳥」さんは、改札機真上の天井部分にできたツバメの巣の様子を図で解説し、「鳥のフンが落ちて来ていたので、そこを通り抜け不可にするためみたいですね」と指摘した。

   この男性は、JRの対応を好意的に評価し、

「折り紙の掲示に温かさを感じます」
「素敵な計らいですよねー」

   とつぶやいていた。

   改札付近で見たという親鳥の姿も写真で紹介しており、ほかの目撃者によると、巣の中にはヒナ2羽も見えたという。

   ネット上の反応も、ほとんど好意的で、

「乗降者が多い駅なのに英断だわ」
「子育てに優しい駅ですねー」
「何だかほっとしました」

   などと次々に書き込まれている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中