YOSHIKI「今後、ドラムを叩けるんだろうか?」 「手術後の不安」支えたファンの行動

印刷

   ロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIさんが2017年6月20日、活動拠点のアメリカから急遽帰国し、都内で記者会見を開いた。

   先月16日(米国時間)、激しいドラムプレイが原因による頸椎椎間孔狭窄症のため、緊急手術を受けていた。公の場に姿を現すのは術後初めて。駆けつけたファンからの大きな拍手と黄色い歓声に、「まずはただいま」と挨拶した。

  • YOSHIKIさん(2017年6月20日撮影)
    YOSHIKIさん(2017年6月20日撮影)
  • コルセットの奥には手術痕が(2017年6月20日撮影)
    コルセットの奥には手術痕が(2017年6月20日撮影)

コルセットで首を固定した状態で登場

   コルセットで首を固定した状態で現れたYOSHIKIさんは、

「今回の僕の首の手術で皆様に色々とご心配、ご迷惑をかけてしまいまして大変申し訳なく思っております。すみませんでした」

と謝罪。その後用意されていた椅子に座るも、すぐさま「座っていると非常に首が痛い」と訴え、立ったまま1時間近くにわたって会見を行った。

   術後の体調については、

「あんまりよくないです。痛いです、むちゃくちゃ。人工の頸椎が体に馴染んでないんですかね。切った場所の感覚がまだなくてですね。ちょうど首の右半分が感覚がないので、誰かに首を絞められている感じで、すごく気持ち悪いです。左手は痺れっぱなしで、何万ボルトも流れているような感じ」

と明かした。具体的な症状として、「物が持てない、手が上にあげられない」「お辞儀をするのが辛い」「最初の2週間くらいは寝るのが地獄だった」などを挙げた。

   そんな満身創痍な状態でありながら、医師からはドラムではなくピアノ演奏であることを前提に、コンサートをすることを勧められたという。麻酔から覚醒後、スタジオに直行したという逸話については、

「麻酔がすごかったので、1回なんか身体が死んだみたいな感じで。最初の2、3日は呼吸もちゃんとできない、歩けないみたいな感じだったので、指が動くのかな?って、心配でスタジオに行ってしまいました」

と説明した。

   完治には6か月ほどかかるといい、「今後、僕はドラムを叩けるんだろうか?」「叩けるようになったとしても叩きたいのか?」など不安や葛藤があったことも明かしたが、計「10万羽鶴」ほど折ってくれたファンなどの支えもあり、

「自分の中では治らないチョイスはないというか。治ると信じています」

と前向きに語った。

「まさかToshIからここまで励まされるとは」

   さらに、術前術後ともに話し合いを重ねたバンドメンバーのToshIさんに対し、

「15年前とかであれば考えられないような。まさかToshIからここまで励まされるとは思わなかった。すごいですよね、人生って分からないですよね」

と感慨深げに語った。「もしX JAPANが再結成してなかったら、僕は首を2回切ってない」と言いつつも、「痛みは伴っていますが、後悔はしていない」と話した。

   続けて、今回の手術の原因となった激しいドラムプレイについて、

「やっぱりヘッドバンギングってよくないと思います。今さらですけど。考えた方がいいと思います、今後。僕に限らず色んなアーティストの方も。確かに、体の表現としては盛り上げられるけど、確実に健康に悪い」

とぶっちゃけて会場を笑わせた。それでも「やはり激しいステージがやりたいと思っている」とし、

「やはりドラムやってピアノも弾いて、というのが1番しっくり来るかなって」

と復活に向けた思いを口にした。

   7月から開催される日本ツアー「X JAPAN WORLD TOUR 2017 WE ARE X Acoustic Special Miracle~奇跡の夜~6DAYS」では、YOSHIKIさんがドラム演奏をせずにピアノのみで参加するアコースティック形式で行われることが今月9日に発表されていた。YOSHIKIさんはコンサートについて、

「歴史的なコンサートにするように頑張ろうと思っていますし、そうする自信がある」

と意気込みを述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中