AKB総選挙とキャバクラ・システム 「一緒にするな」「一緒ですよ」

印刷

   NMB48の須藤凜々花さん(20)の「結婚宣言」をめぐり、現役メンバーや卒業生だけでなく、芸能人の間でも賛否両論の意見が飛び交っている。

   そんななか、マツコ・デラックスさん(44)とお笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明さん(45)は、そろって「キャバクラ嬢」に例えた自論を展開。それぞれの異なる見解に、キャバクラ観の違いが明らかになった。

  • マツコ・デラックスさん(左)とおぎやはぎ小木さん(右)がキャバ嬢に例えてコメント
    マツコ・デラックスさん(左)とおぎやはぎ小木さん(右)がキャバ嬢に例えてコメント

「そりゃないよ」vs「よくある事」

   マツコさんは2017年6月19日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、「結婚宣言」について意見を求められると、「キャバクラに例えたい」と切り出して弁舌をふるった。

「自分の応援しているキャバ嬢が『今月ピンチなの』って言って、『このまま私ね、20位以内に入らないとちょっとお店でヤバいかもしれない。悪いけどちょっとドンペリ開けてくれない?』って言って、いつもはドンペリ月に1本開けるか開けないかの男がさ、頑張って30本開けたとしますよ。で、『ありがとう!どうにか今月20位に入ったわ!ところで私、結婚するんだよねー』って言われているのと一緒なわけじゃない?『そりゃないよ!』ってなるもん」

   MCのふかわりょうさん(42)は、「分かりやすい、分かりやすい!なんて素晴らしい例え!」と絶賛。マツコさんのコメントはネットニュースなどにもなり、世間一般からも「言い得て妙」と賛同が相次いだ。

   一方の小木さんは6月21日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、

「キャバクラとかですごい金を投資しても、それでフラれちゃうことってよくある事じゃないですか。いくら貢いでも」

とコメント。MCの坂上忍さん(50)から「キャバクラと一緒にするな」と正されるも、

「一緒ですよ。一緒、一緒。そんな女に金出したのがいけないんですよ」

と意見を突き通した。

   こちらも「小木さんのいう通り」などと同意する声がみられる。

「マツコの例えは素晴らしいけど...」

   キャバクラとの比較でまず連想されるのは、AKB48グループの「会いに行けるアイドル」というコンセプト。ライブや握手会など、お金さえ払えば自分が応援する「推し」に会うことができる。お店に通って好きなキャバ嬢に会うのと遜色ない。どちらも身近な距離感で、手が届きそうな錯覚に陥ってしまうところも似ている。

   そして何より、ファンの金力がものをいうこと。総選挙もキャバクラも事実上、「ファンにどれだけ貢がせたか」がアイドルやキャバ嬢の人気を左右する。No.1キャバ嬢になるには、多くの指名を獲得して店の売り上げに貢献する必要がある。一方のAKBグループ「選抜総選挙」も、CDという投票権を買ってもらうことで自分の人気を数値化する。ファンは「推し」をトップに君臨させるべく奮闘し、その結果次第で「推し」は一喜一憂する。ファンの手に運命がかかっているとあれば、好きな子を喜ばせるべく出費を厭わないファンも多いだろう。

   ツイッターでも「AKBってキャバ嬢そのものだよね」といった声もあがっており、

「マツコの例えは素晴らしいけど、あたしはこれに納得しちゃう『遊び方』してる人がイキじゃない、ダサいって思ってる」
「正直第三者から見ると『キャバ嬢に裏切られたってわんわん言ってる客』にしか見えないんだよなあ...」
「キャバ嬢が結婚するて言っても金返せにはならない」
「AKBもキャバみたいにペナルティー設けた方がいいんじゃないの?」

など、キャバクラに例えた様々な意見が投稿されている。また、

「ファンに大金注ぎ込ませるようにしむけてるAKBのやり方に問題あるように見えるんだよな」

といった指摘も現れている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中