2019年 11月 19日 (火)

海老蔵さん「自分よりも相手のことを心配する優しさ」 麻央さんとの日々に言葉詰まらせ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   乳がんで闘病中だった妻・小林麻央さんが亡くなったことを2017年6月23日午後、都内で会見を開き報告した歌舞伎役者の市川海老蔵さん(39)。

   会見中、海老蔵さんは麻央さんとの日々に思いを馳せながら、「愛」という表現を繰り返し使って、その人柄を語った。

  • 記者会見に臨む市川海老蔵さん(2017年6月23日撮影)
    記者会見に臨む市川海老蔵さん(2017年6月23日撮影)

「私をどこまでも愛してくれていた」

   麻央さんが息を引き取る前の最期の一言が「愛してる」だったことについて、海老蔵さんは、

「なんと言うんでしょうか、こんなに愛されていたのは良く分かっていたんですけど、最期の最期まで『愛してるよ』と言ってくれたことに...なんとも言えませんね」

と涙を流しながら、最期まで自分に愛を伝えてくれた麻央さんに言葉が出ないようだった。

   辛い闘病生活のなかでも気丈に振る舞っていた麻央さんのその生き方については、

「笑顔と勇気と愛情、そして決してブレない自分、そしてどんな状況でも相手のことを思いやる気持ち。愛ですよね。そういった力が最期までブレず、一昨日まで笑顔で...」

と、麻央さんの大きな愛を痛感していた。

   海老蔵さんにとって麻央さんがどういう存在だったか尋ねられると、しばらく考え込んだあと、

「とにかく私をどんな部分も、どこまでも愛してくれていた。存在っていうのは、うーん...存在ね...できればずっと一緒にいて、私の方が先に逝って...彼女にはもっと幸せに、もっと楽しく、家族やお友達や、家族――(麻央さんの姉の)麻耶さんやお母さんやお父さん、そして私が役者として成長していく過程をずっと見守ってもらいたかった存在です」

と早すぎる死を悔やんだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中