2018年 7月 23日 (月)

青酸化合物連続殺人事件初公判、筧千佐子被告は無罪主張

印刷

   京都、大阪、兵庫の3府県で起きた青酸化合物連続殺人事件で罪に問われている筧千佐子被告(70)の裁判員裁判の初公判が、2017年6月26日、京都地裁(中川綾子裁判長)で開かれた。

   筧被告は07年から13年にかけて、3件の殺人、1件の強盗殺人未遂の計4事件を起こしたとして起訴されているが、いずれも無罪を主張している。

   報道によると、筧千佐子被告は初公判で「全て弁護士に任せてあります」と話し、弁護側が「起訴内容について全て争う」と無罪を主張した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中