F35Bが嘉手納基地に初飛来 岩国基地配備の最新戦闘機

印刷

   米海兵隊の最新鋭戦闘機「F35B」2機が、2017年6月26日14時18分、沖縄の嘉手納基地に初めて飛来した。海兵隊がフェイスブックのページなどで着陸の動画を公開した。「F35B」は山口県の岩国基地に配備された機体で、在日米軍は2月8日に沖縄周辺で同機の訓練をしていることを発表していた。

   「F35B」は、海兵隊が現在運用しているF18ホーネットやAV8Bハリアーなどの機能を詰め込んだとされる最新鋭のステルス戦闘機で、それらの機体の後継として岩国基地に配備された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中