2018年大河「西郷どん」担当Dが書類送検 タクシー運転手に大けが負わせる

印刷

   NHKは、2017年6月28日、40代の男性ディレクターがタクシー運転手とのトラブルを起こし、傷害の疑いで書類送検されたと発表した。発表によると、男性ディレクターは2018年の大河ドラマ「西郷どん」の演出を担当予定だったが、事件を受けて担当を外れたという。

   トラブルは17年4月19日未明、東京都渋谷区の路上で発生し、相手のタクシー運転手が大けがを負った。NHKは、「運転手の方や関係者に深くお詫びいたします。捜査の状況を踏まえ、厳正に対処します」とコメントを発表した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中