ノロケ投稿サイト「俺の嫁が可愛い」反響 開設者も驚いた「ネットの優しさ」とは

印刷

   夫の「死」を願う主婦の壮絶な書き込みが集まる投稿サイト『旦那デスノート』。これに対抗する形で、あるツイッターユーザーが2017年6月23日に開設した「アンサーサイト」が話題を集めている。

   それは、妻への愛情を込めた書き込みが集まる「ノロケ専門サイト」。サイト名は『俺の嫁が可愛い』で、開設からわずか5日で700件以上の書き込みが寄せられるなど反響を呼んでいる。J-CASTニュースは6月28日、サイトを制作したコンチさん(@maki_saki)に話を聞いた。

  • 話題のサイト「俺の嫁が可愛い」(画像はサイトのトップページ)
    話題のサイト「俺の嫁が可愛い」(画像はサイトのトップページ)
  • 凄絶な内容で物議を醸した「旦那デスノート」(画像はサイトより)
    凄絶な内容で物議を醸した「旦那デスノート」(画像はサイトより)

発端は「旦那デスノート」

   ノロケサイト『俺の嫁が可愛い』開設のきっかけとなったのが、17年6月中旬に突如インターネット上で注目を集めたサイト『旦那デスノート』の存在だ。これは30代主婦の悩み解消をうたうサイトで、トップページには大きく、

「今すぐ死んで欲しい。毎日思っている」

という文字が躍る。サイト上には、夫に不満を抱く女性ユーザーが寄せた「苦しんで死にますように」「今日こそはバイクで事故って死ね」といった強烈な書き込みが数多く寄せられている。

   この『旦那デスノート』は6月19日頃からネット上で注目され、複数のニュースサイトが紹介するなど大きな話題を集めることになった。一時は、サイトの内容に反発したユーザーによる「荒らしコメント」が殺到した影響で、サイトが閲覧できない状態になったほどだ。

   こうした強い負の感情が集まるサイトに対抗し、IT会社に勤める30代男性会社員のコンチさんが開設したのが『俺の嫁が可愛い』だ。そのコンセプトは、男性ユーザーが妻への「ノロケ」を書くことだけ。まさに、『旦那デスノート』の逆バージョンといえるサイトだ。

   実際に記者がサイトを覗いてみると、

「ふらふらしてたおれに今でも付き添って、支えてくれる、そんな嫁が大好きだ。一生かけて幸せにしてやる。これからもずっと一緒にいてくれ!」
「いつもかわいくて優しい嫁。迷惑いっぱいかけてるのに、一緒にいてくれてありがとう」
「怒ったときに『いー』って顔を良くするけど、それがまた可愛くてにやけるから喧嘩が続かない」

など、見ているこちらが恥ずかしくなるような書き込みがズラっと並んでいる。

書き込み数はすでに700件以上

   『俺の嫁が可愛い』サイトを制作したコンチさんは17年6月28日のJ-CASTニュースの取材に対し、開設の意図について、

「きっかけは『旦那デスノート』を見たことです。過激でドロドロとした書き込みばかりが集まっていて、個人的に『なんだかなー』と思いました。自分の周りは傍から見ても仲のいい夫婦が多く、そうした夫婦の声も集めてみたいと感じ、サイト制作を決めました」

と話す。このサイトには23日の開設から28日までの5日間で770件以上の投稿が集まり、ページビュー(PV)は90万に達したという。

   さらに、妻へのノロケを書き込む『俺の嫁が可愛い』を開設したところ、すぐに女性ユーザーから「女性向けに旦那へのノロケサイトも欲しい」という要望が寄せられたという。

   そこでコンチさんは24日に、女性向けサイト『うちの旦那が素敵』を新たに開設。28日までのPVは約9万だというが、投稿数はすでに350件以上。『俺の嫁―』サイトと比べ、アクセス数における投稿の数が多いのが特徴で、これにはコンチさんも、

「こんなに差が出るとは思いませんでした。面白い傾向ですよね」

と驚いていた。

誹謗中傷コメントは「1~2件」

   さらにコンチさんが驚いたというのが、「荒らしコメント」の少なさだ。現時点の仕様では、両サイト共に書き込み前の事前チェックはなく、投稿後にコンチさんが手動で「荒らし」を確認しているという。だがコンチさんは、

「荒らしコメントの数が思ったよりものすごく少ないんです。『俺の嫁』サイトの方はすでに770件以上の書き込みがありますが、これまでに誹謗中傷コメントは1~2件しか見ていません」

と話す。続けて、「サイトのポジティブなコンセプトが受け入れられたのかな、と思います。本当に、インターネットの『優しさ』を強く感じますよ」と笑っていた。

   今後の展開についてコンチさんに聞くと、投稿を評価する「いいね」ボタンを新しく加えるなど、サイトの機能充実を図りたいと話す。ただ、投稿へのコメント機能については、「エピソードを投稿した人がいい気持ちをしないコメントが付く場合もあるので、あまり前向きではありません」としていた。

   なお、ノロケサイトを制作したコンチさん自身は独身とのこと。6月26日に投稿したツイートでは、

「『俺の嫁が可愛い』でバズってますけど、本人には相変わらず嫁いないのが笑えるポイントだと思うんですよ」

と自虐的なコメントも寄せていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中