下村幹事長代行 加計学園による献金疑惑否定

印刷

   「週刊文春」2017年7月6日号(6月29日発売)が自民党の下村博文幹事長代行について「加計学園から闇献金200万円」などと報じたことを受け、下村氏は6月29日に記者会見を開いて疑惑を否定した。

   週刊文春は、当時文科相だった下村氏に対して加計学園から2013年と2014年に100万円ずつ献金がありながら、政治資金収支報告書に未記載であったことを報じた。政治資金規正法では、20万円を超えるパーティー券の購入については報告書に記載することを義務付けている。

   下村氏は一連の疑惑について「11の個人及び企業がいずれも1社20万円以下でパーティー券を購入したものであり、加計学園が購入したものではないとのことだ。したがって、加計学園からの闇献金200万円という記事は事実に反する」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中