2018年 8月 21日 (火)

旧村上ファンド関連投資会社の人事案可決 黒田電気株主総会

印刷

   電子部品商社の黒田電気が2017年6月29日に大阪市内で株主総会を開き、旧村上ファンド関係者が関与する投資会社レノが提出した社外取締役を選任する株主提案を賛成多数で可決した。経営陣が反対する株主提案が可決されるのは異例。

   レノによる株主提案で社外取締役の就任が決まったのは、通商産業省出身でIT企業の社長などを務めた安延申(やすのべ・しん)氏。レノは2017年3月期の決算で大幅な減収となったことから、立て直しには経営統合や株主還元の強化が必要だと主張していた。一方、経営陣は「特定の株主からの意向を強く受ける状態が継続する可能性」があるとして反対を表明していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中