2019年 1月 19日 (土)

吉野家「サラシア牛丼」発売 従来と変わらない味

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   吉野家は2017 年 7 月 3 日に、食後血糖値の上昇をゆるやかにする「サラシア由来サラシノール」を配合した「サラシア牛丼」を発売する。

   同社が行ったアンケートでは、「『炭水化物(糖分)』を気にせず食べられる牛丼があったら食べたいですか?」の問いに8割以上が「はい」と答えるなど、新製品への要望が寄せられていたという。

  • 血糖値上昇抑制効果がある吉野家「サラシア牛丼」
    血糖値上昇抑制効果がある吉野家「サラシア牛丼」

秘伝のタレに配合

   「サラシア」は、インドやスリランカから東南アジアにかけて分布する植物で、インドの伝統医学である民間療法「アーユルヴェーダ」で糖尿や肥満の治療に用いられてきた。

   サラシアには多糖を分解する酵素「α-グルコシダーゼ」を阻害する作用を示す成分があり血糖値上昇抑制効果があるとされる。健康意識が高まっている近年、多様な効果にいっそうの関心が高まっている。

   吉野家では、食事から摂取した糖の吸収をおだやかにし食後の血糖値の上昇をゆるやかにする効果があるという報告に注目。秘伝の牛丼のタレに「サラシア由来サラシノール」を加え、従来の牛丼と変わらない味に仕上げることに成功した。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中