藤井四段が都議選で敗戦!? 選挙特番中の絶妙テロップが話題

印刷

   2017年7月2日に投開票が行われた都議選。同日夜、テレビ局数局が都議選の特集番組を放送する中、ある一場面が注目を集め、ツイッター上で話題になっている。

   都議選の開票状況が刻々と伝えられる中、30連勝がかかった、将棋の藤井聡太四段の「敗戦」がテロップで報じられたのだが、それがまるで「藤井四段が都議選で落選したみたいになってるやんけ」として、反響を呼んだのだ。

  • (日本将棋連盟棋士データベースより)
    (日本将棋連盟棋士データベースより)

「藤井四段(14)敗れる! まもなく敗戦の弁」

   注目を集めた場面が放送されたのは、フジテレビ系の「Mr.サンデー 超拡大スペシャル」(19~23時)。番組では都議選に関する中継のほか、藤井四段と佐々木勇気五段の竜王戦決勝トーナメント2回戦の模様も紹介していた。

   21時30分ごろ、藤井四段が佐々木五段に敗北した、と速報で伝えられた。ほどなくして表示された画面下のテロップには、ほぼ左半分に各政党の獲得議席数が表示され、右半分には「藤井四段(14)敗れる! まもなく敗戦の弁」と書かれている。画面上部には、会見に応じる小池百合子都知事が大きく映っている。

   ツイッターで、この場面をキャプチャーした写真を添えて「藤井四段が都議選で落選したみたいになってるやんけ」などと紹介されると、冗談半分の人も含め、注目する人が相次ぎ、

「日本は14歳で選挙に出馬できる国だった......?」
「選挙権はおろか被選挙権もねえって(笑)。」

といった声が寄せられている。

   同ツイートは7月3日17時時点で1万8616リツイート、2万2813を超える「いいね」がついている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中