2019年 1月 22日 (火)

大洗の被ばく事故 作業員3人が3回目の入院

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   茨城県大洗町にある日本原子力研究開発機構の大洗研究開発センターの被ばく事故で、量子科学技術研究開発機構は2017年7月3日、被ばくした5人の作業員のうち3人が、3回目の入院をしたと発表した。

   5人はこれまで6月7日~13日と18日~26日までそれぞれ入院し、プルトニウムの対外排泄を促す薬剤を投与する治療を実施してきた。今回入院する3人については継続して同様の治療を続けるが、残りの2人は排泄物に含まれるプルトニウムの量が非常に少なくなっていることから入院はしない。

   事故は6月6日に発生。核燃料物質を収納した貯蔵容器の点検作業中、核燃料物質が入ったビニールバッグが破裂し、作業員5人の汚染が確認された。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中