2018年 11月 20日 (火)

深キョンと2ショットとか羨ましすぎ 「(私も)ハリネズミになりたい」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   女優の深田恭子さん(34)が2017年7月5日、自身のインスタグラムを更新した。

   ハリネズミとの2ショット写真を公開し、ファンから「羨ましい」と、ハリネズミに嫉妬するかの様な声が相次いでいる。

  • 癒しショットを公開した深田恭子さん(2015年4月撮影)
    癒しショットを公開した深田恭子さん(2015年4月撮影)
  • ハリネズミとのキュートな2ショット(画像は深田さん公式インスタグラムのスクリーンショット)
    ハリネズミとのキュートな2ショット(画像は深田さん公式インスタグラムのスクリーンショット)

「いいね」が15万を超える大反響

   深田さんはこの日、

「ドラマに因んでハリネズミと写真を撮らせてもらう機会があったのですが、ご立腹で針が絶好調にツンツンでした...。すごく痛かった...」

とドラマの告知をするとともに、ハリネズミとの2ショット写真を投稿。深田さんは「すごく痛かった」としながらも、写真では痛さを感じさせない笑顔で、ハリネズミを両手で優しく持っているショットとなっている。

   この可愛らしい2ショットにファンからは

「めちゃくちゃカワィイ」
「恭子ちゃんもハリネズミも可愛い」
「キュン死してよろしいでしょうか?」
「もうその可愛さずるいです、反則です」

と可愛さにノックアウトされる人のほか、

「羨ましい...!ハリネズミこのやろー(笑)」
「ハリネズミになりたい」
「人生で初めてハリネズミになりたいと思いました」
「来世ハリネズミなります。」

など、深田さんに抱っこしてもらいたいがため、ハリネズミになりたいという人も続出し、2017年7月6日の正午現在、「いいね」が15万を超える大反響となっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦会議」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中