前川氏「初めから加計学園に決まっている」 官邸関与を改めて主張

印刷

   国会で2017年7月10日に行われた学校法人「加計学園」(岡山市)をめぐる閉会中審査で、前川喜平・前文部科学事務次官は獣医学部新設に際して官邸の意向が働いたという認識を改めて示した。

   前川氏は、国家戦略特区の手続きで不公平・不透明な部分があると指摘。「初めから加計学園に決まっている」と主張したが、国家戦略特区ワーキンググループの民間委員の原英史氏は「加計学園ありきという指摘は全くの虚構だ」と反論した。

   また、萩生田光一官房副長官が加計学園の選定を示唆したとされる文科省の内部文書についても、前川氏は「目にした」と主張。萩生田氏は「記憶にない」と証言した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中