2018年 7月 20日 (金)

前川氏「初めから加計学園に決まっている」 官邸関与を改めて主張

印刷

   国会で2017年7月10日に行われた学校法人「加計学園」(岡山市)をめぐる閉会中審査で、前川喜平・前文部科学事務次官は獣医学部新設に際して官邸の意向が働いたという認識を改めて示した。

   前川氏は、国家戦略特区の手続きで不公平・不透明な部分があると指摘。「初めから加計学園に決まっている」と主張したが、国家戦略特区ワーキンググループの民間委員の原英史氏は「加計学園ありきという指摘は全くの虚構だ」と反論した。

   また、萩生田光一官房副長官が加計学園の選定を示唆したとされる文科省の内部文書についても、前川氏は「目にした」と主張。萩生田氏は「記憶にない」と証言した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中