2021年 4月 17日 (土)

コスパ最強?「一人ラブホ」の魅力とは 「3000軒を知る」ラブホテル評論家に聞いた

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

日向さんイチオシ「ラブホノマド」とは

   日向さんによれば、先述したようなプランの充実度から、やはりラブホに一人で宿泊するのはビジネスマンが多いが、それ以外にも、

「地方に遠征することが多いアイドルやアーティストのファンの中にも、ラブホテルを利用する人がけっこう多いです」

という。こうした利用客は、深夜バスなどで移動した後に数時間の「休憩コース」でラブホを利用し、仮眠したりメークを直したり......そんな使い方をしているそうだ。

   なお、日向さんが数年前からオススメしているのが「ノマドワーク」(オフィスだけでなく様々な場所で仕事をすること)の場としてのラブホ利用だ。日向さんは、

「静かな場所で集中できるし、広いお風呂にベッドと気分転換も簡単にできます。私は漫画家としても活動しているのですが、ネームを考える際などによく利用しています。結構、はかどりますよ」

と「ラブホノマド」をお勧めしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中