イケてる魚に女性が「キャー」 水族館で歓声が上がるワケ

印刷

「イケボだったー」

   J-CASTニュース編集部が7月10日、今回のイベントを開こうと思った理由について、アクアパーク品川に取材すると、

「当館らしく、エンターテイメント要素を通して魚のことを知ってもらいたいという思いからです」

と話した。

   当館では、イルカショーのプロジェクションマッピングといったように、魚の見せ方に工夫をしている。

「この水族館、楽しいことをしているな、と思わせ、魚のことを知ってほしい」

との思いからだ。

   今回のイベントが始まった7月8日は土曜日にあたり、多くのお客が興味を持っていたという。

「休日ということもあり、多くの方が関心を持たれていたようです。特に女性の方々からは『キャー』といった嬉しい悲鳴が聞こえていました」

と、好評価のようだ。

   話題になった今回のツイートに対し、

「私も、くっそ笑った(*´?`*)同じ、オタクだからかなァ」
「イケボだったー」

といった、喜んでいる様子の声が多く寄せられている。

   7月10日13時時点で4万8064リツイート、5万6627を超える「いいね」がついている。

   「イケ魚パラダイス」は10月1日まで開催されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中