海老蔵、ほおがこけた写真に心配の声 亡き麻央に「まだ受け入れられない」

印刷

   妻の小林麻央さんが亡くなったことについて、歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(39)がまだ受け入れられない思いをブログにつづっている。投稿された画像もほおがこけて見えるため、心配する声も出ている。

   「はしり 家に 麻央のところへ」。海老蔵さんは2017年7月16日夜、歌舞伎座での公演などを終えた後のことをブログでこう書き始めた。

  • 市川海老蔵さん(2017年6月23日撮影)
    市川海老蔵さん(2017年6月23日撮影)

「麻央に見せたい。息子の頑張る姿を」

   そして、「かなしさは癒えない、増すばかり、、、」と結び、次のブログ更新では、「麻央に見せたい。麻央の息子の頑張る姿を、、」とつづった。息子の勸玄くんは、まだ起きて勉強をしていたといい、「白狐の見得のきり方が日に日に上達」していたからだという。

   海老蔵さんは、こんな勸玄くんに「頼もしい」としながらも、次のように今の思いを吐露した。

「この世に彼女がいない事が まだ受け入れられない 情けないわたしが 未だにいる、、」

   弱音とも思えるこうした発言を受けて、ブログのコメント欄などには、ファンらから心配する声が相次いだ。「海老蔵さん、情けなくなんかないです」「お疲れのようで心配です」「麻央さん、きっと子供たちの頑張りもちゃんと見ていますよ」などと激励のコメントが書き込まれている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中