2021年 5月 11日 (火)

「スイッチ詐欺」被害少年を救った贈り物 業界関係者が同情、少年のため「新品購入」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   品薄が続く任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の購入希望者を狙った電子マネー詐欺に引っかかり、「11か月かけて貯めた」計3万1000円をだまし取られたと嘆いた少年に、まさかの出来事が起きた。

   悲嘆する少年に同情したあるゲーム会社の取締役男性が、新品のニンテンドースイッチを少年に無償でプレゼントしたのだ。なぜ、見ず知らずの少年に高価なゲーム機を贈ろうと考えたのか。J-CASTニュースは、プレゼントを贈った男性に話を聞いた。

  • 男性がスイッチを少年に贈ったワケは…
    男性がスイッチを少年に贈ったワケは…
  • 男性がスイッチを少年に贈ったワケは…

「頭の中が真っ白になりました」

   ツイッター上では2017年7月中旬頃から、ニンテンドースイッチの品薄を利用した詐欺に「引っかかった」と訴えるユーザーが続出している。手口は共通していて、購入希望者にプリペイド式の電子マネーで代金を「先払い」させ、商品を送らずに金銭だけをだまし取るというものだ。

   この詐欺に引っかかったある男子中学生ユーザーは7月16日、ツイッターで、

「誰か助けてください。 だめだホントに逃げられた、Switch売ってくれるって言って簡単に乗ってしまった。死にたい、どうしよう」

と被害を報告。あわせて、詐欺アカウントとのDM(ダイレクトメッセージ)でのやり取りや、取引のために購入した3万1000円分の電子マネーの写真も公開した。

   この少年は親から貰う月の小遣い3000円を貯め、11か月かけてスイッチの購入代金を用意したという。また、詐欺被害に遭ったことを報告する前に投稿したツイートでは、近隣の家電量販店5件を自転車で回ったが「(スイッチは)どこにもない」とも漏らしていた。

   18日のJ-CASTニュースの取材に応じた少年は、すでに警察には被害届を出したと説明。詐欺被害に遭ったことに気付いた後の心境については、「頭の中が真っ白になりました」と振り返っていた。

   なお、この少年の被害報告ツイートはネット上で大きな注目を集め、19日昼時点で投稿には1400件以上のリプライ(返信)が寄せられている。その大半は少年に同情的な意見だが、一部からは「救いようのない馬鹿だな」「頭が悪いから騙される」といった声も出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中