佐々木希の新挑戦は「性嗜好障害」 夫・渡部を心配する声も

印刷

   女優の佐々木希さん(29)が、動画配信サービスHuluのオリジナル新ドラマ「雨が降ると君は優しい」に出演することが2017年7月20日、発表された。

   佐々木さんは「セックス依存症」に苦しむ女性役に挑戦する。

  • 佐々木希さん(2016年10月撮影)
    佐々木希さん(2016年10月撮影)
  • ドラマ「雨が降ると君は優しい」(画像は佐々木希さん公式インスタグラムより)
    ドラマ「雨が降ると君は優しい」(画像は佐々木希さん公式インスタグラムより)

「私にとって大きな挑戦」

   ドラマは「セックス依存症」を題材に、脚本家・野島伸司氏が夫婦の「悲劇的純愛」を描く。俳優・玉山鉄二さん(37)が一途な愛ゆえに悩める夫、佐々木さんがセックス依存症に苦しむ妻を演じる。「心の底から夫を愛しながらも、不特定多数の男に抱かれずにはいられない」という難しい役どころだ。

   情報解禁された同日、佐々木さんもインスタグラムを更新してドラマを告知し、「私にとって大きな挑戦」だと明かした。エロチックなドラマのメインビジュアルも掲載されている。

   佐々木さんは約1年前にオファーをもらった際には、

「性嗜好障害という依存症を抱えている役を共感こそはできませんでした」

という。それでも引き受けた理由について、

「私が演じる彩という人が儚くて大変愛おしく、もっと奥を知りたい」
「頂いた台本の先をどうしても見たい気持ち」
「元々野島さんの作品の世界観が好き」

と説明した。すでに最終話まで台本を読み、「涙が溢れ出てしまって...胸が苦しくなりました」という。

   ドラマの鍵でもある「セックス依存症」という言葉だが、佐々木さんのインスタには見当たらない。代わりに「性嗜好障害」という言葉が用いられているが、実は「セックス依存症」もそのうちのひとつ。ドラマ公式サイトでも、「『セックス依存症』という言葉は俗語であり、正式には『性嗜好障害』という病名」だと但し書きがされている。プロゴルファーのタイガー・ウッズ選手が苦しんだことでも知られるが、その呼称や症状から好奇の目にさらされがちな病気だ。

   それでも演じるのが佐々木さんというだけあり、

「佐々木希がセックス依存症だとしたら世の中の男性皆ウェルカムだよなと思いつつ、でも実際のセックス依存症の人って当人も御家族も含め、相当辛いんだろうなぁ......」
 「性嗜好障害という病気への周知目的もあるだろうけど、単純に佐々木希がどう演じるのか気になってやべえ」

というツイートも見受けられる。実際、「最高」「やばい」といった反応などがあがっているのも事実だ。

新婚の時期に「プロだなあ」

   佐々木さんといえば今年4月、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建さん(44)と結婚したばかり。覚悟を持って今回の役に挑んでいるのであろうが、

「渡部のメンタルが心配」
 「渡部耐えられないんちゃう...」

と、心配する声も寄せられている。

   その一方で、佐々木さんのこの挑戦に対し、

「新婚のこの時期やるとかプロだなぁ」
 「結婚したからこそ逆に手が出せるところなのかもね」
 「結婚したことで、自分の人生において振り切れるようになったのかな」

など、結婚したことで一皮むけた「女優・佐々木希」に期待する声もあがっている。

   ドラマは全8話、今秋配信スタート予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中