高橋一生の「声」にファン殺到 3日間で2万コール

印刷

   「一生さんの声が聞きたいので何度もかけます」「たくさんかけてごめんなさい」――。

   2017年7月18日からスタートした、キリンビール「旅する氷結」のプロモーション「高橋一生の旅するコール」が話題だ。電話をかけると、高橋さんの声でメッセージを聞くことができる企画で、今ファンのハートをわしづかみにしている。

  • 電話をかければ高橋一生さんの声が聞こえる
    電話をかければ高橋一生さんの声が聞こえる

一生さんの名前で電話帳登録

   「旅する氷結」のプロモーションは、今年3月にスタートした。公式インスタグラムに、CMキャラクターを務める高橋一生さん(36)のオフショットを公開。開始からたった3日間で30万フォロワーを突破し、話題となった。5月には60万フォロワーを超えたが、惜しまれつつ終了。

   しかし、60万フォロワーはほとんど減ることなく、再開を待ち望む声は日々大きくなり、約2か月ぶりに、公式インスタグラムは再開された。

   それと同時にスタートしたのが、「高橋一生の旅するコール」だ。「0570-092-666」という電話番号にかけると、世界のどこかを旅している高橋さんにつながる。

   第1弾は、「キリン 旅する氷結 ハオチーライチ」に合わせ、香港のストリートマーケットをレポートする様子があの声で聴けた。

   J-CASTニュース編集部が、7月20日、キリン氷結のPR事務局に取材したところ、「スタートから3日間で2万件近いコールがあった」と言う。

   公式インスタでも、

「昨日の時点で何十回も電話しちゃいました」
 「電話しました 幸せなひとときを過ごせました」
 「耳がぁぁぁ しあわせ」
 「電話しましたー。失神しそうでした」
 「電話番号を一生さんの名前で登録して、電話帳見るたびドキドキするという遊びを開発しました」

など、歓喜の声が続き、21日13時現在で、8万2000件の「いいね!」がついている。

   あまりの反響に、「かけても繋がるのかな?」と不安視する声もあがっているが、事務局は、「回線は万全な体制をとっていて、『殺到して接続出来ない!』という問題はほぼ起こっていません」と、話す。

   21日からは、「ハワイ」編。海の音とともに「アロハ~!」と、ワイキキのトリビアも教えてくれている。

沢尻エリカからの折り返し求めファン殺到

   「タレントが電話にでる」といえば、今年3月、女優の沢尻エリカさんが出演した、サントリーのチューハイ「ほろよい」のCMが記憶に新しい。

   CMの中で沢尻さんが手にするスマホの画面に、「erika」という表示名で、しっかりと電話番号が映っており、そこにかけると、沢尻エリカさんの声で留守電メッセージが聞こえるというものだ。

   それだけでなく、そこに何かしらのコメントを吹き込むと数時間後には、沢尻さんから折り返しの電話が来る――という手の込んだキャンペーンに、ファンは殺到。2017年3月29日の「Business Journal」によれば、サービス開始から9日間で10万コールを超えたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中