民進・野田幹事長、都議選敗北で引責辞任 蓮舫代表は鞍替え出馬表明

印刷

   民進党の野田佳彦幹事長は2017年7月25日に党本部で開かれた両院議員懇談会で辞意を表明した。東京都議選で惨敗した責任を取った。

   一方、蓮舫代表は「(都議選で)負けてしまった東京で私は衆院で小選挙区から出ます」と東京都内の選挙区からの鞍替え出馬を明言。代表続投の意向を示した。

   会に出席していた原口一博衆院議員(元総務相)は、「野田幹事長だけが辞めて済む話なのか」「5年間まったく同じようなメンバーでやっている。そこに大きな問題がある」と執行部の刷新を求め、桜井充参院議員は、離党も含めて「仲間といろいろ話をしたい」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中