「北米ではシャープブランド持ち続ける」 ホンハイと対峙するハイセンス副社長に聞く

印刷

   中国の電機大手、海信(ハイセンス)グループの売上が2015年の900億元から16年は1033億元に増え、初めて1000億元の大台に乗った。中怡康データが発表した数字でみると、2004年以降、ハイセンスは13年連続で中国のフラットテレビ市場でトップの座にあり、HISデータによると、ハイセンスのテレビ出荷量は世界第3位となっている。

   記者がハイセンス関係者から得た米国市場販売量の最新データでは、2017年1~6月、ハイセンスの米国ブランド販売量は前年同期比197.7%増で、売上高も前年同期比200.7%増だった。同時期のヨーロッパにおけるブランド売上高は前年同期比116.0%増で、海外市場の中では、北米市場の成長が非常に速いことが分かるだろう。

  • インタビューに答えるアレックス・チュー氏
    インタビューに答えるアレックス・チュー氏

米国市場シェア急成長の原動力

   シャープは15年に、北米市場におけるシャープブランドの経営をハイセンスに委託し、ハイセンスが北米で販売するテレビにシャープブランドを用いることで、米国での成長を速めたと思われる。16年から、ハイセンスはシャープのメキシコ工場の効率向上を図り、米国市場への製品のリードタイムが大幅に短縮された。これにより、ハイセンスの北米市場での急成長の地盤を固めた。

   しかし、風向きは突然変わった。2016年8月に、台湾の電機大手、鴻海(ホンハイ)精密が経営困難に陥ったシャープを吸収合併したからだ。ホンハイがシャープの経営に全面的に介入するにつれ、新たに元気を取り戻したシャープは、ハイセンスからシャープブランド使用権を取り戻すチャンスを探し始めた。ホンハイのシャープ買収の後、すでに数回、米国などの地方裁判所に訴訟を起こし、北米におけるシャープの商標使用権の返還を求めている。

   一方、ハイセンスが北米市場でようやく成長し始めたタイミングで、ホンハイがシャープの名のもとに米国などで訴訟を起こしたことに対し、ハイセンスはどのように対応するのか。青島海信国際営銷股份有限公司のアレックス・チュー副社長にインタビューで聞いた。

「シャープはとても素晴らしいブランド」

――ハイセンスが2015年にシャープから北米市場の商標使用権を獲得した後、シャープ商標の使用について、どのような感触を持ちましたか?

チュー まず、われわれは、シャープはとても素晴らしいブランドで、消費者が、とても優れたイメージと評判を持っていると感じています。われわれがシャープブランドを委託販売した後、ハイセンスグループの優れたリソースを集め、最強部隊を送り込み、シャープのメキシコ工場を再生させ、販売ルートに対する自信を回復しました。研究開発からみると、シャープの研究開発は、一度はストップしましたが、われわれはハイセンスULEDなどの先進的な画質技術を投入し、技術レベルを高めました。
   シャープブランドの委託管理を受けてから、ハイセンスはシャープの北米におけるブランドの維持に尽力しました。こうした努力によってシャープの市場における成績や販売額は大幅にアップし、シャープの委託販売に対する見通しも良いものとなっています。ハイセンスが高品質なシャープブランド製品を発売し、米国市場での主流販売ルートや第三者専門評価測定機関、そして消費者の認可を得たのです。

――具体的な数字を挙げていただけますか?

チュー 2017年の米国市場のシャープブランドのテレビ総販売台数は現在、前年同期比147%増で、さらに重要なのは、4Kテレビの成長であり、成長速度は460%となっています。ハイセンスはシャープというブランドを優れたブランドとして経営・運営しています。シャープブランドの4Kテレビの米国市場シェアは、今年の末には7.8%に達するでしょう。これはわれわれの委託販売後に行った仕事と予期していた経営の結果であり、この半年を見る限り、とても優れた状況にあります。

「(買収後のシャープ社長は)契約精神に背く行為」

――しかし、シャープは昨(16)年、ニューヨークなどでハイセンスを起訴しており、その目的はハイセンスの手からシャープブランドの使用権を取り戻すためであると一部のメディアは報道しています。

チュー ハイセンスとシャープが北米市場におけるブランド委託販売について協議しているとき、シャープ側が重くみていたのは、われわれの技術力と海外経営能力で、シャープが自ら北米のブランドを交渉範囲に入れて、買収を考えてもらいたいと提案されました。双方の協議が成立した後、シャープはハイセンスの工場運営、ブランド運営など各方面に対する協力に満足していました。
   ホンハイがシャープを買収した後、シャープの社長が交替しました。彼は、一方的にメディアにシャープの北米におけるブランドを取り戻すと宣言し、それ以前にハイセンスにいかなる意思表示もありませんでした。ハイセンスは、これは契約精神に背く行為で、ハイセンスを尊重しない行いであると考えています。

――それでは、ハイセンスは契約を履行し続けると理解していいのでしょうか。

チュー そうです。われわれは契約精神が市場経済の基礎であると考えており、ハイセンスは双方が合意に達した商標に関する約束を完全に遵守し、続けて北米でシャープブランドのテレビの生産・販売を行っていきます。ハイセンスは非常にまじめに契約を履行し、シャープブランドと製品の宣伝に力を尽くします。

――今年7月、シャープは、ハイセンスが知的所有権を侵害したとして、賠償を求めたという報道がありますが。

チュー シャープの起こした訴訟の関係事項は、我々の弁護士が処理していますので、ここで私どもは触れませんが、一つ説明しなければいけないのは、ハイセンスがもめ事を起こしたわけではなく、恐れることは何もないということです。ハイセンスは正当な手段で自分の合法的な権益を守り続けます。ハイセンスには50年近い歴史があり、テレビに関する多くの特許を所有しています。われわれは引き続きシャープブランドと製品を宣伝し、契約を忠実に履行していきます。

――現在、ホンハイは米国でシャープブランドのハイエンドテレビを販売しようとしていますが、これはハイセンスの戦略に何らかの影響をもたらすのでしょうか?

チュー ハイセンスはずっとハイセンスブランドを世界一流のブランドにしようと努力してきており、われわれの核心戦略は高品質・中等価格であり、技術を先行させて製品により牽引して、販売ルートを開拓し、目標マーケットのミドルからハイエンド商品の市場シェアを逐次高めてゆくというものです。ここ10年の海外戦略の実行により、大部分の地域の販売ルートですでにハイセンスの戦略が受け入れられているのを見ることができます。
   ハイセンスは現在、米国やヨーロッパ、アジア太平洋、中東などの主流となる販売ルートでとても安定した協力関係を築いており、米国ではベスト・バイやウォルマートなどの主流販売ルートに乗っています。ハイセンスの市場シェアの成長は極めて快調で、シャープを超えています。

――日本での状況はいかがですか?

チュー 日本では、ハイセンスは日本市場の海外ブランドの中でシェアが最も高いメーカーです。ハイセンスの日本支社は2010年末に成立し、2011年3月にテレビを正式に発売し、2014年には冷蔵庫、2016年には洗濯機を日本市場に投入しています。2018年にはエアコンも日本市場で発売する予定です。現在、ハイセンスブランドの商品はすでに日本の5大スーパーチェーン・量販店で販売されています。2017年の日本市場の売上高は100億円に達する見込みです。GFK第三者データによると、ハイセンスの日本におけるテレビ販売量の市場シェアは4.6%に達しています。

(在北京ジャーナリスト 陳言)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中