宮迫博之の不倫釈明が思わぬ方向に 妻とのエピソードで「美談」に変えた?

印刷

   不倫疑惑を報じられたお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん(47)がバラエティー番組「バイキング」で報道について釈明した。番組で話した内容に、ツイッター上では「美談に持ってこうとしてるのあざとい」と反感を買っている。

   女性をホテルに誘った事実を認めつつ、「嫁にも全部言いました」。その後の夫人の対応のおかげで、「不倫話」がいつの間にか美談になっていると受け止められているようだ。

  • 宮迫博之さん(2015年6月撮影)
    宮迫博之さん(2015年6月撮影)

「魔が差しまくった」が3度とも断られ...

   宮迫さんは2017年8月11日、金曜レギュラーの「バイキング」に生出演し、9日発売の「週刊文春」(17・24日合併号)による2人の女性と交互に3度ホテル泊をしたとの報道について、「事実です」と認めた。酒席を共にした帰り、「魔が差しまくった」と女性をホテルに誘い、同宿したが、行為を求めると「このご時世なので」と3度とも断られたという。また、「向こうが断ってくれただけで、OKを出されていたら一線を越える気持ちがあった。ということは(不貞行為をしたのと)ほぼ同罪なんです」と「白状」した。

   ただ、番組全体の雰囲気は、文春の記事中で身の潔白を問われて宮迫さんが返した「オフホワイト」という表現に注目して「ブリリアントグレー」「漆黒」「アイボリー」と「大喜利」状態になり、時折スタジオは笑いに包まれるなど、ほかの芸能人の不倫を扱った時とは違ったトーンで進行した。

   空気が変わりはじめたのは、宮迫さんが「嫁にも全部言いました」と切り出してから。「ガッツリ話をしました。信じられないくらい怒られました。3日間くらい家の中にいるのが地獄なくらい。僕だけが100%悪いのは当然なので、『ごもっともです』と一生分くらい言いました」とした後、まじめな顔つきで夫婦の会話をこう明かした。

「こんなことをしてしまったのに、最終的には嫁から『家族だから私が助けるよ』という男前な言葉をいただきました。『処理するのは難しいけど、あんたのがんが再発したとか、子どもが交通事故にあったとか、そんなことに比べたらこんなもん屁みたいなもんや』と言ってもらいました」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中