阪神・藤浪は「右打者イップス」なのか 専門家が重大視する4回の疑惑シーンとは...

印刷

   2017年8月16日の試合で約2か月半ぶりの1軍登板を果たした阪神・藤浪晋太郎投手(23)に、「イップス疑惑」が再燃している。この日の投球が、5回途中まで投げて7四死球とまたもや「大荒れ」の内容だったためだ。

   J-CASTニュースは8月17日、多数のプロ野球選手のイップス治療経験がある「IMTメンタルオフィス」(東京・千代田区)の阿部久美子氏に、藤浪の「症状」について見解を聞いた。

  • 藤浪投手はイップスなのか(画像はCake6さん撮影/WikimediaCommonsより)
    藤浪投手はイップスなのか(画像はCake6さん撮影/WikimediaCommonsより)

与えた7四死球はすべて右打者

   藤浪は8月16日、京セラドームで行われた広島戦に先発登板。4回と3分の2イニングで107球を投げ、7安打7四死球3失点でKO負けを喫した。

   2回には、投手・大瀬良大地に死球。すっぽ抜けた直球が左肩を直撃し、大瀬良はグラウンドにうずくまった。さらに4回にも、すっぽ抜けた変化球が二番・菊池涼介の左肩付近に直撃。両チームが本塁付近に駆けつけ、球場は騒然としたムードに包まれた。

   2つの死球に代表されるように、この日の藤浪はなかなか制球が定まらず。結果、5回ツーアウトで八番・石原慶幸に5つめの四球を与えた場面で降板。翌17日には2軍降格となった。

   この試合で藤浪が与えた7四死球は、すべて右打者と対戦した際のものだ。実際、右打者への投球が「ボール」と判定された割合は52.7%(55球のうち、29球がボール<2死球含む>)。一方、左打者へのボール率は30.7%(52球のうち、16球がボール)だった。

   藤浪は右打者を相手にすると急に制球を乱す――そんな傾向に気付いた野球ファンは少なくなかったようだ。この日の試合中継を見ていた視聴者からは、ツイッターやネット掲示板に、

「右打者に対してイップスになってないかこれ」
「イップスで右打者の内角投げれないのでは」
「右打者に対してだけよね。何でなんやろ?左打者に対しては普通に投げられる」

といった指摘が相次いだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中