2021年 9月 26日 (日)

医療費未払いで帰国 訪日外国人めぐる課題、次々と浮上

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   訪日外国人の増勢は衰えを知らないようだ。2017年上半期(1~6月)に日本を訪れた外国人旅行者数は過去最多を記録するなど、増え続けている。一方、滞在中の医療費を未払いのまま帰国してしまう外国人が増えるなど、新たなトラブルも顕在化。政府は、東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年に訪日外国人を4000万人まで増やす目標を掲げているが、課題が次々と浮上しているのが現実だ。

   「施設内も通りも銀座はとにかく外国人であふれかえっている。昔の銀座を思い描き、ちょっとセレブ感を味わいたかったが、観光名所に来たような気分になった」。夏休みを利用し、東京都中央区銀座にこの春オープンした新名所「GINZA SIX(ギンザシックス)」を家族で訪れたという都内在住の50代の男性は、ややうんざりした表情でこう話す。

  • 訪日外国人の増勢の裏で課題が浮上している(画像はイメージです)
    訪日外国人の増勢の裏で課題が浮上している(画像はイメージです)
  • 訪日外国人の増勢の裏で課題が浮上している(画像はイメージです)

消費金額、上半期として初めて2兆円を突破

   都心のメインストリートや繁華街は、どこもリュックを背負ったり、トランクを引いたりする外国人でいっぱいだ。それもそのはずで、観光庁によれば、2017年上半期の訪日外国人数は前年同期比17.4%増の1375万人と過去最多を更新した。7月も前年比16.8%増の268万人と月間で過去最高を記録、とどまることを知らない勢いで伸び続けている。

   訪日外国人が消費した金額も上半期で同8.6%増の2兆456億円と、上半期として初めて2兆円を突破。訪日外国人は経済的にも日本を潤す貴重な存在になっている。だが、同時にさまざまな問題も浮上している。

   沖縄県宮古島市のビーチで、レジャー用品の貸し出し業者が中国人だけにビーチパラソルのレンタル代金を10倍に設定し、「差別ではないか」と問題になったが、中国人に絡むトラブルは少なくない。この業者は「中国人のマナーに問題があった」と釈明したが、首都圏にある外国人に人気の某観光施設では、関係者が「中国人はゴミを平気で捨てたりするので、掃除に通常の2倍以上のコストがかかる」とため息をもらす。マナーや文化の違いがさまざまなトラブルを招いているのが実態だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中