2018年 12月 18日 (火)

指先を置くだけで血糖値を測定 毎日採血する糖尿病患者に福音?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   指に光を当てるだけで血糖値を測定できる技術を開発したと、量子科学技術研究開発機構関西光科学研究所が2017年8月18日、発表した。

   指を装置に置くだけで採血をする必要がないため、実用化されれば糖尿病患者の負担が大きく減りそうだ。2018年度から臨床研究を開始し、5年後の一般向け販売を目指す。

  • 指先で光に触れるだけで血糖値がわかる(量子科学技術研究開発機構関西光科学研究所の発表資料より)
    指先で光に触れるだけで血糖値がわかる(量子科学技術研究開発機構関西光科学研究所の発表資料より)

将来はスマホサイズで持ち運びできる?

   同研究所の発表資料によると、国内の糖尿病患者は約720万人にのぼり、患者は1日に複数回自分で血糖値を測定しなくてはならない。現在の測定器は指先に針を刺して採血し、センサーで測る方式だ。痛みや煩わしさを伴うほか、感染症の危険も指摘されている。

   研究チームは、指に赤外線レーザーを当て、反射してくる光の強さなどから血液中の「グルコース」(ブドウ糖)だけを捉える装置を開発した。健康な成人4人で試したところ、血液を採取した場合とほとんど変わらない高精度の結果が得られた。今のところ電源部分を除く試作品は縦15センチ、横10センチ、高さ5センチの手のひらサイズ。光を発するくぼみに指を置くと5秒で計測できる。将来は持ち運びが楽なスマートフォンのサイズにまで小さくする。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中