2018年 7月 23日 (月)

ピーナッツアレルギー克服に光明か 乳酸菌パワーで80%の子が治った

印刷

   治療法がなかなか難しいピーナッツアレルギー。豪州メルボルンのマードック小児医療研究所は2017年8月16日、乳酸菌をピーナッツに配合した食品を食べさせる治療法に成功したと発表した。

   ピーナッツアレルギーは、急激な呼吸困難に陥って死に至ることもあるアナフィラキシーショックを引き起こす恐れがあり、患者や家族には朗報になりそうだ。

  • ピーナッツを普通に食べられる子に
    ピーナッツを普通に食べられる子に

4年後も80%が食べ続けている

   マードック小児医療研究所のプレスリリースによると、ミミ・タン教授らの研究チームは2012年にピーナッツアレルギー治療の臨床試験を始めた。方法はこうだ。乳酸菌の1種「ラクトバチルス・ラムノサス」を少量のピーナッツタンパク質に配合した食品を作り、徐々にタンパク質の量を増やしながらピーナッツアレルギーの子どもに食べさせた。ラクトバチルス・ラムノサスは腸内細菌の「善玉菌」として知られる。免疫力が高いうえ、胃酸に強く、直接腸に届くため、健康食品やサプリに多く使われている。

   臨床試験では、配合食品を食べるグループとプラセボ(偽薬)を食べるグループに分けて比較した。その結果、配合食品を食べた子どもは82%が普通のピーナッツを食べてもアレルギー症状を起こさなくなった。プラセボの子どもでは4%だけだった。

   しかも、最初の臨床試験が終わってから約4年後の2017年8月現在、アレルギー症状を起こさなくなった子どものうち80%が、まだ普通のピーナツを問題なく食べ続けている。臨床試験以後は何の治療も行なわなかったにもかかわらず。これまでのピーナッツアレルギーの免疫療法では17~30%の成功率が一般的というから、80%という数字は驚異的な成果だ。

妊娠最後の数週間に突然現れて母子を守る乳酸菌

   ミミ・タン教授はプレスリリースの中でこう語っている。

「これほどの結果は予想以上です。私が、ラクトバチルス・ラムノサスという乳酸菌に注目したのは10年前です。この乳酸菌が妊娠の最後の数週間に、母親の腸内細菌の中で突然増え始めることがわかりました。その後の研究で、この乳酸菌が生後数か月の間、赤ちゃんの発疹を防いでいることが明らかになりました。この乳酸菌の不思議な力をアレルギー治療に活用することを思いつきました。私はピーナッツアレルギーを止めるだけでは満足していません。この乳酸菌が他のアレルギーにも活用できないか、研究を進めます」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中