2019年 7月 23日 (火)

編集長からの手紙 
ヤフーの「健全言論空間」で考える「読者コメントはネットを歪めるか」

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   ジェイ・キャストは2017年8月25日で創業20年になった。中核事業のJ-CASTニュースは創刊から11年、独立系ネットニュースメディアとしては老舗となった。その経験から、「読者コメントはネットを歪めるか」という質問の答えは「ノー」である。読者コメントはネット空間の大事なコンテンツだと思う。

普通の言論空間にしたい気持ちは分かるが

   朝日新聞は2017年7月31日付で「ネット言論荒らさせぬ」という特集記事を掲載している。ヤフー・ニュースが2017年6月から、同じ文章を短期間に繰り返し投稿する行為を制限するなどによって、「コメント欄が健全なネット言論空間になるよう、対策を続ける」(ヤフーのコメント)としている。

news_20170825135200.jpg

   ヤフー・ニュースは日本最大で、圧倒的な影響力を持つポータルサイトである。多くのメディアからニュース記事を仕入れて編集、ネット空間に大量のニュース情報を配信している。ヤフーの編集部が多様な記事を仕入れ、おすすめ記事を選び、関連記事をつけ、「よい言論空間」をつくる努力しているのはよく分かる。1、2年前には、海外ニュースで異様な記事が目立った。海外ニュースのランキングを見ると、上位はほとんどその種類のニュースが並んでいた。中国発ニュースの翻訳、紹介だが、中国人が韓国の悪口を言っているという類のものが多く、なるほど、日本人はそういう記事が好きなのか、新聞の国際ニュース面とは全く違うなあと思った。この種の記事は今のヤフーでは見られない。排除されたのだろうが、ヤフーはこれについてコメントしていない。

   「よい言論空間をつくる」と言った場合、配信記事だけではなく、読者のコメントも重要な要素である。ヤフーへのコメント投稿は1日20万件を超えるといわれ、これを思い通りに編集することは、プログラムの助けを受けても至難の業だ。一つの記事に、あっという間に数百のコメントが付く。一般読者は最初の画面に表示されるコメントを読むのが精いっぱいだから、早く投稿されたコメントの閲覧数が極端に多くなる。

   ヤフーに限らないが、コメントを素早く投稿する人たちがいて、それに続くコメントの傾向を左右している。ヤフーの場合は短いコメントが多く、イエス、ノーの傾向に大きな影響を及ぼす。ヤフー編集部が、これを何とかしたい、もっと普通の言論空間にしたいという気持ちはよくわかる。止めてしまいたいと思うかもしれないが、ネット双方向性、読者にオープンな編集を考えると、そうはいかないだろう。今回のコメント制限は窮余の策と言える。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中