2020年 1月 26日 (日)

カップ麺は贅沢だ、と舛添前都知事を批判 都民ファ・音喜多都議のツイートが論議に

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   舛添要一前東京都知事がカップ麺を食べる生活をテレビで披露したことに対し、音喜多駿都議(33)が「贅沢品!」とツイッター上で指摘し、「本当にコストをセーブできるのは米とパスタ」だと主張した。この発言がネット上で論議になっている。

   舛添氏は、2017年8月17日放送のTBS系番組「有吉ジャポン」に出演し、政治資金問題で都知事を辞めてからの生活を告白した。

  • 論議を呼んだツイート
    論議を呼んだツイート

「コストをセーブできるのは米とパスタ」

   その中で、月収は事務所からの11万円しかないと明かし、100円のカップ麺をすすって困窮ぶりをアピールした。

   これに対し、小池百合子都知事が率いる「都民ファーストの会」都議団前幹事長の音喜多氏は、27日になって、舛添氏の主張に疑問を呈するツイートをした。「節約の実態を知らない人はすぐにカップ麺=貧乏生活と思い込みがち」だとしたうえで、こうつぶやいたのだ。

「本当にコストをセーブできるのは米とパスタです。カップ麺など贅沢品!相変わらずなのですな、この方は...」

   舛添氏の主張ぶりついては、まったくダメを意味するとみられる「完全にダウト」と表現している。

   音喜多氏は、その後のツイートで発言を補足し、次のようにも指摘した。

「ピザ窯でピザは焼いていても、生活のために自炊したことがないのだろうな。百歩譲っても、カップ麺より袋麺をまとめ買いした方がはるかに安い。家計を預かる主婦・主夫の皆さまに怒られますよ...」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中