聖地「ミカド」で「ゲーセン結婚式」 新郎新婦が格ゲーで「初の夫婦喧嘩」

印刷

   東京・高田馬場のゲームセンター「ミカド」で、ゲームファン同士の結婚式が開かれた。店の公式SNSが式の模様を写真付きで紹介したことで、インターネット上で大きな話題を集めている。

   店側が公開した写真に映っているのは、タキシードとウェディングドレス姿の新郎新婦が対戦格闘ゲームの筐体に座る姿だ。いったい、どんな式だったのか。J-CASTニュースが、店の担当者に聞くと...。

  • ゲーセンに「バージンロード」(画像はミカド公式ツイッターより)
    ゲーセンに「バージンロード」(画像はミカド公式ツイッターより)
  • 店内にはテーブルや飾りも置かれた(同)
    店内にはテーブルや飾りも置かれた(同)

「ゲーム好きカップルにはたまらん」

   最新のゲーム筐体だけでなく、1980年代に流行した「レトロ」な筐体も数多く取り揃える「ミカド」。全国各地からゲーマーが集まる人気店で、一部のファンの間では「聖地」とも評されるほどだ。

   そんな「ミカド」で結婚式が開かれたのは2017年8月24日のこと。もともと同店の客だったという新郎新婦の2人が、店を半日貸し切って式を挙げたというのだ。

   店の公式ツイッターとフェイスブックに掲載された写真には、ゲームの筐体が何台もズラっと並ぶ店内の一角に、赤絨毯の「バージンロード」を敷いた光景が写っている。花やキャンドルの飾りも添えられ、普段の店内とは雰囲気が一変した印象だ。

   さらに店のSNSでは、新郎新婦が式の途中で人気格闘ゲーム「鉄拳」で対戦したことを写真で報告。投稿では、

「お二人の希望により、初めての夫婦喧嘩は『鉄拳6BR』で行われました 末長くお幸せに!」

とコメント。なお、真剣な表情でゲームをプレーする二人は黒いタキシードと白のウェディングドレス姿で、新婦の手元にはウェディングブーケも置かれている。

   こうした「ゲーセン結婚式」の報告を受けて、ツイッターやネット掲示板では、

「やっぱりゲーセンて素晴らしい!」
「コレはゲーム好きカップルにはたまらん結婚式」
「素敵だなぁ。一列に並んだ筐体が来賓客みたい」

といった祝福の声が殺到。さらに、ゲームメーカー「セガ」の公式ツイッターアカウントも、「バージンロードを彩る弊社製品からも心よりお祝い申し上げます」とのコメントを送っていた。

「ゲーセン結婚式」の詳細は...

   しかし、ゲームセンターの店内で開かれた結婚式とは、いったいどんな内容だったのだろうか。

   「ミカド」の担当者は8月28日、J-CASTニュースの取材に対し、「一般的な結婚式とあまり変わりませんでしたよ」としつつ、式の概要を次のように説明した。

   まず、式の参加者は新郎新婦とその親族だけで、総勢14~15人ほどだったという。式の流れは、新郎新婦の入場から始まり、互いが結婚の誓いを交わし、両親の挨拶......といったもの。会場では軽食も提供したそうだ。

   確かに、ここまでは一般的な結婚式の流れとほとんど同じ。ただ、通常とは大きく異なるのが、店側がSNSで報告していた新郎新婦の「対戦」イベントだ。店の担当者は、

「ケーキ入刀の代わりのような雰囲気で、式の途中で新郎新婦が格闘ゲームで対戦しました。ちなみに、対戦で勝ったのは新婦さんでした」

と振り返っていた。

   なお、ミカドの店内で結婚式が開かれるのは今回が初めて。今後も希望があれば店内で式を行うというが、28日時点で新たな問い合わせはないそうだ。

   ちなみに、式の開催に必要な価格について聞くと、担当者は「式の時間帯や長さによって変わってきます」と前置きしつつも、「おおよその見積もりですが、貸し切りに必要な価格は30万円くらいですかね」と話していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中