2019年 12月 12日 (木)

サッカーの交換ユニフォームは「臭い」 前園真聖「覚悟決めて着ないと」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   サッカーの試合終了後によく見られる「ユニフォーム交換」について、元日本代表の前園真聖さんは2017年8月27日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、「覚悟を決めて着ないといけない」と現役時代の心情を振り返った。

   原因は「ニオイ」にあるという。

  • サッカーの試合後のユニフォーム交換は…(写真はイメージ)
    サッカーの試合後のユニフォーム交換は…(写真はイメージ)

「びっちょびちょですから」

   番組では、「ニオイに耐えられないから、どうにかしてほしい」と握手会で苦情が入ったことを報告したSKE48・松村香織さんのツイートを取り上げながら、出演者たちがそれぞれの「ニオイ事情」を明かした。

   前園さんは「特に海外の選手と試合する時は常にマッチアップするので、自分のユニフォームに臭いが(うつる)」と試合中の「苦労」を述べた。そこにダウンタウン・松本人志さんが「ユニフォーム交換」の話題を切り出し「あれはなかなかのもん(ニオイ)でしょう」と尋ねると、前園さんは「それを含めてフェアプレーです」と重んじつつ、

「でもやっぱり試合中わかりますから。マークした選手の誰が臭いとか。びっちょびちょですから、なるべくそこは避けながら」

と振り返った。

   さらに「マッチアップした選手がユニフォームを脱いで来たら、フェアプレー精神で脱がなきゃダメでしょう?」と東野幸治さんが聞くと、「ユニフォーム交換しない人もいます。『あとでロッカールームで』と言われるやつは大体臭いですから」と分析している。前園さん自身は求められたら、臭くても「そう来たらしょうがない」と思いつつ交換するというが、

「覚悟を決めて着ないといけない」

という。ひるむ場合も「あります」とし、「だって試合中からずっと臭いですから」と主張していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中