世界的ダンサーの怪し過ぎる「日本公演」 「興行主」にメール取材すると返事が!

印刷

   世界的なダンサーのセルゲイ・ポルーニン氏が2018年春に「来日公演」を行うとする、ある会社のネット上の情報をめぐり、混乱が広がっている。

   この「公演」については、関係者から「架空公演」だとする注意喚起が行われている。J-CASTニュース編集部が、興行主を名乗る会社にメールで取材を申し込んだところ、返事が戻ってきた。そこに書かれていた内容は......

  • フラッグシップ・ジャパンのサイトに掲載されていた情報
    フラッグシップ・ジャパンのサイトに掲載されていた情報

「チケットを購入しないように」と注意喚起も

   「2018セルゲイ・ポルーニン ショータイム日本公演」と題された来日公演の情報は、2017年8月28日、「興行主」のフラッグシップ・ジャパン(東京・港区)が、自社サイトやツイッター、フェイスブック(FB)で「告知」した。告知内容によると、2018年4月9・10日に東京のオペラシティコンサートホールで行うほか、地方公演も予定され、本人のパフォーマンスやトークコーナーの実施も記載されている。

   当初から、ツイッターなどでは「何だか心許ない感あり」「本当なのか?大丈夫なのか?」といぶかしむ声があがった。また、チケット代金の振込先が会社の銀行口座、座席は入金のあった人から先着順など、不可思議な点も指摘されていた。しかし、東京公演はチケット先行販売がすでに開始されており、購入済みの人を中心に混乱は徐々に大きくなっていった。

   そんななか、現在上映中のポルーニン氏のドキュメンタリー映画「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣」を宣伝・配給するアップリンクの浅井隆代表が自身のツイッターを通じて29日、

「ロンドンのエージェントから『嘘の情報に惑わされず、チケットを購入しないようにしてください』と言うメールが届きました」
「(主催元から)返信、返金がない場合は、セルゲイ・ポルーニンのエージェントはこれは詐欺ですと言ってますので、しかるべき機関にご相談ください」

などと注意喚起し、同社が運営する情報サイト「webDICE」で事の経緯を説明した。

「追って詳細を発表させていただくことになりましたので、お待ち下さい」

   こうした混乱を受け、フラッグシップ・ジャパンは31日にフェイスブックとツイッターを更新して騒動を謝罪。加えて、

「公演については再度詳細を発表させていただきます」

とコメントした。キャンセル・返金の希望にも応じるという。31日夕現在、公式サイトからは公演情報も削除されている。

   実際に公演は行われるのか――J-CASTニュース編集部が31日、同社サイトに記載されている電話番号にも何度もかけたが、「ただいま電話に出ることができません」という音声になり、留守番電話につながる状態だった。メールで取材を申し込んだところ、約30分後、

「お騒がせしており、申し訳ございません。 本件については、追って詳細を発表させていただくことになりましたので、お待ち下さい」

とだけ回答が返ってきた。「追って発表」の時期のめどなどについて、メールで追加取材を申し込んだが、こちらには31日19時30分現在、返答はない。

   ポルーニン氏は1989年生まれ、ウクライナ出身。2010年に19歳で英国ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなったが、2012年に突如引退して世間を驚かせた。現在はダンサーや俳優として活動するほか、ダンサーを支援する組織「プロジェクト・ポルーニン」を主宰している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中