カザフで「エネルギー」テーマの万博 「真面目」でも日本館「大盛況」の理由

印刷

   中央アジアのカザフスタンの首都、アスタナで国際博覧会(万博)が開催され、終盤を迎えている。同国は石油や天然ガスなどの資源に恵まれたエネルギー大国として知られ、万博のテーマも「未来のエネルギー」(Future Energy)。日本を含む115か国、22国際機関が出展している。

   日本館は、資源が乏しいエネルギー事情に即して、エネルギーの有効活用を訴える「真面目で、学校の教室での勉強みたい」な内容(中村富安・日本政府代表)。それでも、世界各国から出展されているパビリオンの来場者数でトップ10に入るほどの盛況ぶりだ。

  • 「モリゾーとキッコロ」が毎日のように来場者を出迎える
    「モリゾーとキッコロ」が毎日のように来場者を出迎える
  • 日本館では資源に乏しい日本のエネルギー事情を紹介している
    日本館では資源に乏しい日本のエネルギー事情を紹介している
  • 燃料電池を搭載した自動車が高い関心を集めた
    燃料電池を搭載した自動車が高い関心を集めた
  • 球状のカザフスタン館は多くの来場者でにぎわった
    球状のカザフスタン館は多くの来場者でにぎわった

多くの国が「再生可能エネルギー」「未来のエネルギー」だけを強調するが...

   首都のアスタナは1997年にアルマティから遷都され、基本設計は建築家の故・黒川紀章氏が担当した。中央アジアで万博が開かれるのは初めて。万博の主催者は会期を通じて500万人の来場を見込んでおり、そのうち85%がカザフスタン国内からだ。 そういったこともあって、会場内施設の来場者ランキングでは1位をキープしているのが、カザフスタン館にあたる「ヌル・アレム」。会場の中心にそびえ立つガラス張りの球体の建物で、直径90メートル、高さ100メートルの大きさを誇る。常に長蛇の列ができており、8月24日には100万人目が来場した。

   多くのパビリオンが、太陽光や風力といった「再生可能エネルギー」や水素や藻を活用した「未来のエネルギー」を強調する中、日本館はこれら2つのエネルギーと、火力や水力、原子力といった「在来型エネルギー」を上手く組み合わせて世界の電力重要を満たすことの重要性を訴える。こういったエネルギーを「作る」技術に加えて、省エネで培った「使う」技術について、大きく2つのプレゼンテーションコーナーと、水素をテーマにした仮想現実(VR)の体験コーナーなどで伝えている。

「国際パビリオン」ランキング、実際は9位より上位??

   政府代表の中村氏は

「万博で必ずテーマ通りに真面目に取り組むのは日本とドイツ。国民性が出ているのでは」

と話すが、8月16日には、累計来場者数が50万人を突破するほどの盛況ぶりだ。各国が出展する「国際パビリオン」の来場者数ランキングでは、エジプトやアフリカ館、トルコ、タイ、インドなどに次いで日本館は9位にランクインしている。ただ、このランキングは各国の自己申告に基づいて作成されており、実際の混雑ぶりと比べると、一部の国は「水増し申告」している可能性があるとの指摘もある。こういった指摘を踏まえると、実際には日本館はさらに上位にランクインしている可能性もある。

 

   ただ、中村代表は、こういった「真面目」な展示内容がダイレクトに集客につながっているかどうかは、やや懐疑的だ。それでも、燃料電池自動車(FCV)の「MIRAI」(トヨタ)が日本で実際に売られていることを紹介する部分には関心が高いといい、

「カザフの人は、日本が技術大国だということは、みんな認識している。日本のような技術国になりたいと思っている。だから日本館での近未来や現在の技術、具体的には、水素エネルギーなどの展示には『えーっ!』と驚くようだ」

と話していた。大半のパビリオンが英語とロシア語で展示する中、地元のカザフ語も使っている点も好評だったようだ。

 

   それ以外に「すごい人気」だったのが、05年の愛・地球博(愛知万博)のキャラクター「モリゾーとキッコロ」だ。「自然の叡智」をメインテーマに掲げた愛知万博の理念を継承する「地球産業文化研究所」(GISPRI)が、08年のサラゴサ(スペイン)、10年の上海(中国)、12年の麗水(韓国)、15年のミラノ(イタリア)と、愛知万博以降に開かれた万博すべてに「モリゾーとキッコロ」を登場させており、アスタナもその一環だ。「モリゾーとキッコロ」は、ほぼ毎日日本館の前に登場。またたく間に親子連れが集まり、

「かわいい」
「写真撮ろう」
「『中の人』っているの??」

といった声があがっていた。アスタナ万博の会期は9月10日まで。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中