「ミサイルは猪木が止めてるのか?」 猪木氏訪朝に一縷の望み託す声高まる

印刷

   2017年9月9日、北朝鮮は69回目の建国記念日を迎えた。ICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射や核実験の可能性がある「Xデー」と目され、日本をはじめとする関係諸国が緊迫した空気に包まれている。

   こうした中、「親朝」派で知られるアントニオ猪木参院議員(74)に一縷の望みを託すネットユーザーの声が高まっている。

  • 猪木氏のツイッターより
    猪木氏のツイッターより

金正恩(キム・ジョンウン)委員長の側近と会談

   猪木氏は7日、建国記念日に合わせ平壌を訪問した。訪朝はこれで32回目。11日まで滞在する予定だ。

   日本政府は北朝鮮への制裁措置の一環として、日本国民の北朝鮮への渡航自粛を求めている。菅義偉官房長官は4日の会見で、猪木氏に対し「政府の方針を踏まえて適切に対応すべき」と牽制していたが、それには応じなかった格好となる。

   猪木氏は日本を出発した6日、記者団を前に、あくまで「スポーツ外交」が目的だとするも、「表に出ている話と裏にある話はだいぶ違うことがある」「交流や話し合いをせず、圧力だけでは効果がない」とも話していた。

   朝鮮中央通信によると、猪木氏は8日に李洙ヨン(リ・スヨン)朝鮮労働党副委員長と会談した。会談内容は不明なものの、核実験やミサイル発射に関する内容に触れた可能性がある。

ミサイル阻止に一役?

   猪木氏の「英断」とも「暴挙」ともとれる一連の行動は、日本のネットユーザーにどう映っているのか。

   ツイッターでは、批判的な向きがあるものの、

「平和外交を支持します」
「やっぱ北朝鮮問題は政府よりも猪木さんだね」
「猪木さんにしかできない外交お願いいたします!」

と、期待を寄せる声が少なくない。

   また、9日13時時点で北朝鮮に大きな動きが無いことから、

「ミサイルは猪木が止めてるのか?」
「これ今、猪木が必死でミサイル発射阻止してるとか想像していいやつ?」

といった声もあがっている。

   猪木氏は、2016年にも北朝鮮の建国記念日に合わせて訪朝しており、滞在中に5回目となる核実験が強行された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中