ハリケーン「イルマ」が米フロリダ上陸 200万世帯以上が停電、死者も

印刷

   大型ハリケーン「イルマ」が2017年9月10日(現地時間)、米南部フロリダ半島の沿岸部に到達した。米国立ハリケーンセンター(NHC)が発表した。

   勢力は5段階で上から2番目に大きい「カテゴリー4」から4番目の「2」まで弱まったものの、広範囲が暴風雨に見舞われており、フロリダ州政府はこれまでに約600万人に避難命令を出している。

   大雨や強風の影響で200万世帯以上で停電となっているほか、現地メディアは同州への上陸後これまでに少なくとも3人が死亡したと報じている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中