2018年 8月 21日 (火)

障害者施設の元職員を逮捕 入所者に大ケガ負わせた疑い

印刷

   栃木県宇都宮市の障害者支援施設「ビ・ブライト」で2017年4月、入所者の男性(28)が重傷を負った事件で、栃木県警が9月11日に当時施設の職員だった男(22)を傷害容疑で逮捕した。各メディアが捜査関係者の話として報じた。

   元職員の男は4月15日に知的障害がある入所者の男性に暴行を加え、けがをさせた疑いが持たれている。

    男性は4月16日夜、意識がもうろうとしているところを発見され、病院に搬送。腰の骨が折れていたほか腹腔内で出血しており、一時意識不明になった。現在は快方に向かっているという。事件後、家族から相談を受けた県警が傷害事件とみて捜査を進めていた。栃木県警はこの男以外にも施設職員の女について傷害容疑で逮捕状を取り、行方を追っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中