国連安保理、北朝鮮制裁決議を全会一致で採択 石油輸出は「削減」

印刷

   6回目の核実験を強行した北朝鮮に対して、国連安全保障理事会は2017年9月11日(現地時間)、新たな制裁決議を全会一致で採択した。制裁に慎重な中国とロシアも賛成に回った。

   採択された決議では、石油精製品の輸出を削減するほか、繊維製品の輸出禁止、出稼ぎ労働者への就労許可も禁じた。当初案では、原油の全面輸出禁止や、金正恩朝鮮労働党委員長の資産凍結および渡航禁止を盛り込んでいたが、今回の制裁では除外された。中国やロシアに譲歩したものとみられる。北朝鮮に対する制裁決議はこれで9回目。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中