2018年 9月 26日 (水)

米アメフト選手の99%が脳障害 米国最大人気スポーツに再び衝撃

印刷

   米のアメリカンフットボールリーグ「NFL」の選手が、プレー中の衝突やタックルで受ける脳のダメージが社会問題になっているが、元NFL選手のなんと99%が脳に重大な障害を負っていることがわかった。

   米ボストン大学の研究チームが死亡した選手たちから提供された脳のサンプルを分析、米医師会誌「JAMA」(電子版)の2017年7月25日号に発表した。

  • 脳への衝撃が怖いアメフット
    脳への衝撃が怖いアメフット

MRIやCTスキャンの脳画像では写らない病気

   「JAMA」の論文要旨によると、研究チームは2014年以降に死亡したアメリカンフットボールの現役選手・元選手の「脳献体プログラム」を使い、202人の選手の脳サンプルを分析した。202人の平均年齢は67歳で、NFLの元選手から高校生や大学生、カナダの選手らも含まれている。

   その結果、次のことがわかった。

   (1)202人のうち177人(86%)に「慢性外傷性脳症」の病変が見られた。最高レベルの元NFLの選手111人では110人(99%)に慢性外傷性脳症の病変があった。慢性外傷性脳症は、ボクシングやアメフト、柔道の選手などに多い病気だ。プレー中に脳への打撃が繰り返され、何度も脳しんとうを起こすと発症する脳神経系の病気だ。記憶障害やめまい、うつ病、認知機能の低下など認知症やパーキンソン病に似た症状が起こる。しかし、MRIやCTスキャンなどの脳画像には病変が写りにくいため、診断がつきにくい厄介な病気だ。死後に脳を解剖して初めてわかるが多いことから、この診断名がついた。

   (2)高校生や大学生にも軽度の慢性外傷性脳症の病変が見られた。

   (3)重度の慢性外傷性脳症の病変があった84人を調べると、80人(95%)が認知症を発症していた。

   この結果から研究チームは「アメフトの選手は、プレーを通じて度重なる衝撃が脳に加えられた結果、慢性外傷性脳症になる危険性が非常に高いといえます。また、慢性外傷性脳症が認知症を引き起こしている可能性もあります。慢性外傷性脳症の症状は、選手が引退してから何年もたってから現れます」と警告している。

元選手の集団訴訟で1100億円を支払ったNFLだが...

   NFL選手の脳の後遺症問題では、多くの元選手がアルツハイマー病などに悩み、自殺も相次いだことから、元選手や家族ら約5000人が原告となってNFLに対して集団訴訟を起こした。2015年4月、NFLが10億ドル(約1100億円)の賠償金を支払うことで和解に達しているが、一部の元選手らは、NFLはプレーの危険性を理解せず、安全策を講じていないと批判を続けている。

   また、現役時代にNFL屈指のDT(ディフェンシブタックル)と絶賛され、引退後はNFL殿堂入りも果たしたウォーレン・サップ氏(44)が2017年6月、記憶障害を発症していることを米オンラインスポーツメディア「The Players' Tribune」に告白して話題になったばかりだ。今回の研究結果が、米国最大の人気スポーツを再び揺るがしそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中