台風18号、九州上陸へ 17日にかけ全国で大雨厳重警戒

印刷

   大型で強い台風18号が日本列島に接近しており、気象庁によると、2017年9月17日午前中にも九州に上陸する恐れが出てきた。気象庁では、厳重な警戒を呼びかけている。

   台風は16日夕現在、東シナ海をゆっくりした速さで北東に進んでいる。その影響で前線の活動が活発となり、宮崎市内では、同日午前までの24時間雨量が386ミリと観測史上最高を記録した。

   17日正午までの24時間雨量は、近畿・東海で350ミリ、九州南部・四国で300ミリ、九州北部・関東甲信で200ミリと予測されている。17日夜にかけて西日本を通過するとみられ、18日には、速度を上げながら、日本海沿岸を北上して北日本に達する見通し。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中