北ミサイル発射に「極めて挑発的」 国連安保理が非難声明

印刷

   国連の安全保障理事会は2017年9月15日午後(日本時間16日早朝)、北朝鮮が日本上空を越えてミサイルを発射したことについて「極めて挑発的」として、強く非難する声明を発表した。北朝鮮に対して「無法な行動を即座に中止する」ことを求めた。

   安全保障理事会は11日、北朝鮮の核実験などの制裁として、北朝鮮への石油輸出制限や、北朝鮮による繊維製品の輸出禁止を盛り込んだ決議を全会一致で可決している。14日に北朝鮮が再びミサイルを発射したことから、日米韓が安保理の開催を要請し、今回の声明の発表となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中