2019年 11月 19日 (火)

「ミサイル危機の最中に選挙って大丈夫だろか」 解散総選挙報道にアジカン後藤が疑問

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   安倍晋三首相、衆院解散を決断か。2017年9月17日、新聞・テレビが一斉に伝えたニュースに、各界からの反応が相次いでいる。

   「受けて立つ」と応じた野党、解散の「大義」への疑問――早ければ9月末とも見込まれる解散に向かい、議論が加速し始めた。

  • 安倍首相、解散決断?(2015年10月撮影)
    安倍首相、解散決断?(2015年10月撮影)
  • 枝野氏は「歓迎」ツイート
    枝野氏は「歓迎」ツイート

朝日、産経、日経が朝刊1面に

「首相、年内解散を検討」(朝日新聞)
「首相 衆院解散を決断」(産経新聞)
「早期解散強まる」(日本経済新聞)

   朝刊の一面で、各紙がそろって報じたのは三連休さなかの17日だ。NHKも17日未明、ウェブ版で「臨時国会の冒頭 衆院解散の見通し」と報じた。

   一時は「危険水域」といわれる30%ラインにまで落ち込んだ内閣支持率だが、直近の調査では40%台に回復している。一方、野党・民進党は前原誠司新代表の就任後も、山尾志桜里衆院議員の「不倫スキャンダル」や「離党ドミノ」に揺れ、「小池新党」もまだ先行き不透明だ。打って出るなら今――安倍首相がそう判断した、との見方で、各紙は一致している。

   早ければ臨時国会召集日の9月28日に解散、10月内に総選挙が行われる見込みだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中