台風18号、大分などで激しい雨 地方気象台が「記録的短時間大雨情報」発表

印刷

   大型で強い台風18号は2017年9月17日午前11時30分ごろ、鹿児島県南九州市付近に上陸した。気象庁では、西日本から北日本にかけての広い範囲で、大雨や暴風などによる重大な災害が発生する危険があるとして、厳重な警戒を呼び掛けている。

   台風の影響で九州の一部地域では局地的に猛烈な雨が降っている。大分県内の各地では記録的な大雨となっており、14時30分までの1時間に津久見市付近で120ミリ、佐伯市付近で110ミリを観測。大分地方気象台は「記録的短時間大雨情報」を発表した。

   福岡県、宮崎県、大分県、広島県など九州や中国地方の一部地域で避難勧告や避難指示が出ている。

   台風は今後、暴風域を伴って17日夜にかけて西日本を縦断し、18日昼ごろに北日本に到達する見通しとなっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中