けもフレ騒動でトレンドが操作? 拡散する「圧力説」にTwitter広報「ありえません」

印刷

   「明らかに不自然」「何らかの意図を感じずにはいられない」――。人気アニメ「けものフレンズ」(けもフレ)の監督を務めていた「たつき」さんの降板騒動が、思わぬ方向に波紋を広げている。

   冒頭の意見は、ツイッター上での流行語を示す「トレンド機能」に向けられたものだ。今回の降板騒動に関連する言葉を、ツイッター社側が「意図的に操作してトレンド欄から消しているのではないか」などと疑う声がネット上に相次いでいるのだ。

   しかし、ツイッターのトレンドワードが意図的に「操作」されることなどあるのだろうか。J-CASTニュースが、Twitter Japan社(東京・中央区)の広報担当者に聞くと...。

  • 「けものフレンズ」監督降板騒動でツイッター「操作論」広まる(画像は同アニメのKADOKAWA特設サイト)
    「けものフレンズ」監督降板騒動でツイッター「操作論」広まる(画像は同アニメのKADOKAWA特設サイト)

「明らかにおかしい」?

   たつき監督は2017年9月25日夜、「突然ですが、けものフレンズのアニメから外れる事になりました」とツイッターで報告した。降板の理由については、「ざっくりカドカワさん方面からのお達しみたいです」とだけ伝えていた。

   すでに第2期アニメの放送が発表されていたこともあり、たつき監督の降板報告はファンに大きな衝撃を与えた。

   ネット上では、たつき監督から名指しされたKADOKAWA側に対し、事態の説明や降板の撤回を求める声が殺到。上述した降板ツイートは27日昼時点で30万回以上リツイートされ、ツイッターの「トレンド」欄は投稿の直後から、

「たつき監督」「たつきさん」「けもフレ2期」「カドカワ」「KADOKAWA」

といった関連ワードで埋め尽くされた。中でも、「たつき監督」は日本版だけでなく、世界のトレンドワードランキングで一時1位を獲得するほどの注目を集めた。

   このように、国内のツイッターユーザーの大きな関心を集めた今回の降板騒動。その中で目立ち始めたのが、ツイッターの「トレンド」の表示プロセスに、違和感や疑問を示すユーザーの姿だった。

   きっかけは、26日早朝に「たつき監督」というワードがトレンド欄から消えたことにある。このとき、代わってトレンド欄に現れたのは「へたつき監督」という言葉だった。こうした動きについて、ツイッター上では、

「へたつき監督がトレンドにあって、その上位にたつき監督がいないのは明らかにおかしい」
「『へたつき』の何100倍も『たつき』って単語の方が今呟いてる人多いだろ」
「ツイッター情報操作してない?たつき監督の件絶対おかしい」

などと疑問を抱くユーザーが殺到したのだ。

「圧力説」まで浮上

   その後も、騒動が過熱するに伴って、「ツイッターのトレンドが操作されている」との説を訴えるユーザーの数は増えて行った。

   とくに指摘が相次いだのは、9月27日未明、KADOKAWAが出資会社に名を連ねる「けものフレンズプロジェクト」側が公式サイト上に騒動の経緯を説明するコメントを発表し、再び事態が大きな動きを見せた直後のことだ。

   このときもツイッター上では、トレンド上に「たつき監督」「KADOKAWA」の言葉が現れず、発表されたコメントに名前があった「ヤオヨロズ」(けもフレアニメの制作を手掛けた会社。たつき監督も所属)だけが登場していたとして、

「なぜヤオヨロズがトレンドに入っているのに、たつき監督やKADOKAWAがトレンドに入らないのか 大抵同じツイートに全部入ってるのにね」
「トレンドにヤオヨロズがあるのに、一緒に呟かれているであろうカドカワやたつき監督がないのはおかしい」

などの声が再び相次ぐことに。実際、27日15時時点でツイッターの検索欄に「トレンド」と入力すると、関連ワードの最上位に表示されたのは「操作」という言葉だった。

   さらには、関係者がツイッター側に対し、「たつき監督」などの言葉をトレンドから外すよう「圧力をかけたのではないか」などとする根拠不明の憶測もネット上に出回っている。

ツイッター社「手を加えることはありえません」

   だが、J-CASTニュースの27日の取材に応じたTwitter Japanの広報担当者は、こうしたネット上の指摘を全否定した。担当者はまず、

「トレンドに手を加えることはまずありません。手を加える時は安全面などで問題があるケースなど、かなり特殊な案件のみです。よって、先日の『けものフレンズ』に関するような内容で手を加えることはありえません」

と断言。その上で、トレンド欄に表示されるワードは「もっとも多く使われている」言葉ではなく、「もっとも急激に(使用回数が)上昇している」言葉だと説明。続けて、

「もしツイート数のボリュームがあってもトレンドから姿を消したのであれば、『急上昇』しているキーワードではなくなった場合だと想定されます」

としていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中