前原氏まで「アウフヘーベン」と言い出した それでも小池新党とは同床異夢か

印刷

   衆院が解散された2017年9月28日、民進党も大きな転機を迎えることになった。前原誠司代表が同日午後開かれた両院議員総会で、次期衆院選(10月10日公示、22日投開票)では民進党の公認候補を立てず、希望者は東京都の小池百合子都知事が率いる「希望の党」の候補として立候補させる方針を提案し、了承された。

   出席した議員からは「解党的な合流」だとの声も出たというが、前原氏は解党や合流ではなく「アウフヘーベン(止揚)」だと主張した。ただ、次期衆院選の候補者が(1)全員「希望」の公認を希望するか、(2)仮に希望したとしても公認されるか、は不透明。「解党」や「分裂」のリスクは消えないままだ。

  • 記者会見する民進党の前原誠司代表
    記者会見する民進党の前原誠司代表
  • 両院議員総会であいさつする民進党の前原誠司代表(右)
    両院議員総会であいさつする民進党の前原誠司代表(右)

議論はメディア非公開だったが「提案は満場一致で拍手で承認」

   両院議員総会では、常任幹事会名の「総選挙の対応について」と題した文書が配布され、文書では

「今回の総選挙における公認内定は取り消す」
「民進党の立候補予定者は『希望の党』に公認を申請することとし、『希望の党』との交渉及び当分の間の党務については代表に一任する」
「民進党は今回の総選挙に候補者を擁立せず、『希望の党』を全力で応援する」

の3点を掲げた。前原氏は提案理由を

「民進党の今の現状を考えたときに、どうすればもう一度政権交代を果たせるか。これを考えに考えたあげくに、末に、皆さんに提案をさせていただいている。これは、他党に合流すると言うことではない」

として、

「政権交代のための大きなプラットフォームを我々がもう一度つくるということ」

などとして理解を求めた。前原氏のあいさつ以降は「議員懇談会」に切り替えられ、メディアには非公開にされたが、民進党の説明によると、出席者からは野党連携のあり方などについて質問が出たが、提案は最終的に満場一致で拍手で承認されたという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中