道端アンジェリカ、ボルト抜き術後の美脚を披露 「包帯がオシャレ」

印刷

   足首の手術のため入院していたモデルの道端アンジェリカさん(31)が2017年9月28日に自身のインスタグラムを更新し、無事に退院したことを報告した。

   包帯が巻かれた状態の足を公開したのだが、その美脚っぷりに注目が集まっている。

  • 手術を終えた後の道端アンジェリカさん(画像は公式インスタグラムのスクリーンショット)
    手術を終えた後の道端アンジェリカさん(画像は公式インスタグラムのスクリーンショット)
  • 術後の足を披露
    術後の足を披露

「退院おめでとう。でもこの脚は罪です」

   道端さんは、約1年前の2016年9月17日、自身のブログで

「昨日私の不注意で転んでしまい、足首の脱臼と三果骨折とゆう3箇所の骨折をしてしまいました。足首の骨折の中ではかなりの重症だそうです」

と骨折したことを明かし、その後3時間半にも及ぶ手術を受けたことを報告している。今回はその際に入れたボルトとプレートを取り除く手術を受けるため、25日から入院をしていた。

   28日には無事に退院できたようで、

「まだ傷口が少し痛みますが、まったく問題なさそうです」
「1年待ってプレートとボルトを抜けて、、ようやく骨折が完治と言えるとこまできて嬉しいな 早くバリバリ運動したりして、元気な姿をみんなに見せたいです」

などのコメントと共に、足首に包帯が巻かれた状態の写真をアップした。写真は太ももからつま先まで写したものとなっており、包帯が若干痛々しく感じられるものの、太ももの部分でピースをしていることからも元気な様子がうかがえる。

   この術後写真に

「退院おめでとう」
「無理しないで」
「早く元気になると願ってますよー」

など身体を気遣うコメントが寄せられたほか、足にも注目が集まっており

「その足・・・綺麗すぎ」
「足首ほっそい あしもほっそい」
「退院おめでとうございます。でもこの脚は罪です。」
「綺麗なおみ足ですね」
「美脚でうらやまぁ!」
「脚長っ!」
「包帯がオシャレに見えるから不思議」

など美脚っぷりに驚くコメントも多く寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中